ロシアにおけるデトックスの伝統:気分を軽くしてくれるサラダ3種

 軽い食事をするということはロシア人にはあまり馴染みのないことだと思うかもしれないが、ロシア正教徒たちは年間におよそ200日の断食をするという教会のならわしがあるので、ロシア人はベジタリアン料理をよく食べるということを忘れてはならない。

 ロシア人がサラダを作り出したのは19世紀になってからである。ロシア料理の歴史に詳しいウィリアム・ポフリョーブキンによると、食の流行は往々にしてヨーロッパからもたらされるという。最近は1種類の野菜でつくられるサラダが多い。たとえばビーツサラダ、ポテトサラダ、キャベツサラダなどである。1種類の野菜の料理なんてつまらないと言う人がいるが、食材の本当の美味しさを感じさせてくれるミニマリズム的なアプローチがいいと言う人もいる。とはいえ、これから紹介するサラダはなかなか興味深い。

1.  カリカリナッツとハーブのアクセントを効かせた甘いビーツサラダ

 赤いビーツと言えば、ロシアの最も伝統的な野菜の1つであり、一般的には、オーブンで焼いたり、シチューにしたり、丸ごと出されることが多い。というわけで、まずはビーツサラダを作ってみよう。今回ご紹介するのは現代風のレシピである。

材料:

  • ビーツ 1個
  • クルミ 大さじ1
  • バルサミコ酢 大さじ1
  • 植物油 大さじ2
  • ニンニク 1片
  • 塩、砂糖、コショウ
  • ローズマリー、ローリエ、タイム

作り方:

1. ビーツは洗って、ローズマリーとローリエと一緒にアルミホイルに包み、オーブンで1時間ほど焼く(ビーツが大きければ、もう少し長い時間焼く)。煮るのに比べて、焼いた方がビタミンを逃がさない。

2. ビーツの粗熱が取れたら、皮をむく。

3. ビーツをおろし、植物油、バルサミコ酢、塩、コショウ、ニンニクを加えて、よく混ぜ合わせる。

4. クルミと新鮮なタイムと一緒にいただく。

2. 多くの緑を添えたサクサクのラディッシュサラダ 

 ソ連時代、断食の伝統はほとんど忘れ去られていた。善良なソビエトのプロレタリアートは強くなければならず、栄養を十分とって「幸福な未来」を建設することを求められていた。食べものが脂質豊富で健康的でなくてはならないのはこのためである。カルト的人気を誇る料理本「おいしく、健康に良い食べ物の本」を見れば、いろいろな野菜サラダを見つけることが出来る。マヨネーズやサワークリームで和えるサラダで、それぞれ肉料理への付け合わせとしてどのように出せばよいかのアドバイスもしてくれる。ちなみに、この本はここに紹介する2つのレシピのヒントになった。 

 このサラダはもともとはラディッシュ、レタス、サワークリームのみで作られていた。ソ連時代には、「ヴェセンヌィ」、すなわち「春の」サラダとして親しまれていた。

材料:

  • ラディッシュ 100g
  • キュウリ 100g
  • レタスなど緑の葉物野菜
  • パセリ、ディル、コリアンダー、リーキ
  • オリーヴ油
  • 塩、コショウ

作り方:

1.  ラディッシュとキュウリは輪切りにする。葉物野菜は食べやすい大きさに切る。サラダにオリーブ油をかけ、塩、コショウで味を整える

2. 「ソ連風デトックス」を試してみたいなら、少量のマヨネーズを加えてもよい。

3. 健康サラダ、「ズドローヴィ(健康な)」

果物と野菜を組み合わせた新鮮でジューシーなサラダだ。ソ連時代には、レストラン、学校、リゾートの食堂のどこでも食べることができた。

材料:

  • ニンジン 1本
  • キュウリ(中) 1本(大きいものなら1/2本)。
  • リンゴ 1/2個
  • レタスなど葉物野菜
  • 塩、砂糖、コショウ
  • オリーブ油またはサワークリーム 大さじ2
  • ホワイトビネガー 大さじ1(あれば)

作り方:

1. ニンジン、キュウリ、リンゴはできるだけ薄くスライスする。

2. 縦に細切りする。

3. ドレッシングを加えて、手で軽く混ぜる。オリジナルのレシピではサワークリームが使われているので、オリーブ油の代わりにサワークリームを加えてもよい。

4. テーブルに出す。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください! 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる