ロシアのソチ市と日本の長門市が姉妹都市に

ソシ市の空で花火。

ソシ市の空で花火。

パヴェル・リシーツィン撮影/Sputnik
 ロシアの黒海沿岸の保養地ソチ市と日本の長門市(山口県)が、観光、医療、民間交流の分野での協力に関する協定を結んだ。また将来的には、姉妹都市協定を締結することでも合意。

 訪日中のアナトリー・パホモフ・ソチ市長の話として、タス通信が伝えた。プーチン大統領は、2017年12月の日本訪問の際に、長門市を訪れている。 

観光、医療、民間交流の分野での協力を推進

 「(ロシア代表団の長門市訪問中の)行事の一環として、協力に関する協定も結ばれた。これはまず、当然ながら観光関連。2つ目は医療活動で、3つ目は高等教育機関や青少年団体の交流だ」。またパホモフ市長によると、両市は、大西倉雄・長門市長がソチ市を訪問することでも合意した。

「両市は、実務関係を練り上げて具体化したうえで、ソチで姉妹都市協定に調印することになる」とパホモフ市長は述べた。 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる