モスクワ取引所で1ユーロが100ルーブル突破

セルゲイ・クズネツォフ撮影/ロシア通信

セルゲイ・クズネツォフ撮影/ロシア通信

12月16日、モスクワ取引所で、ロシアの通貨ルーブルが対ユーロで100ルーブルを突破し、最安値を更新中。ロシアの金融システムと証券市場の“死”を予告する専門家も出てきた。一方、エリヴィラ・ナビウリナ・ロシア中央銀行総裁は、「新たなゾーンで生きることを学ぶ」ように呼びかけている。

1ドルも80ルーブル超

 12月16日15時9分(モスクワ時間)、モスクワ取引所では、ロシアの通貨ルーブルが対ユーロで100ルーブルを突破し、さらに下落を続けている。ルーブルの対米ドル・レートも、80ルーブルを突破。同取引所の広報部は、証券市場と違って、取引停止などの方法がないとしている。

 一方、ロシア政府は今晩、金融市場の状況について話し合う予定。「金融市場の状況について、もう一度閣僚と協議する」とメドベージェフ首相は、極東発展に関する政府委員会の開会に際し、こう述べた。

 

記事全文(露語)

もっと読む:危機を見越したロシア人の高級車志向 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg