日本にはLNGかパイプラインか

DPA/Vostock-Photo撮影

DPA/Vostock-Photo撮影

日本の国会議員連盟が用意した、サハリンのガス田から日本までのパイプライン建設案を、ロシアのエネルギー専門家は支持している。しかしながら、サハリンの液化天然ガス(LNG)工場の発展を重視する、ロシアの大手エネルギー企業は、この案に満足しない可能性がある。

 「LNGがパイプラインより好ましくなるのは、距離が2500海里以上の場合だ」と、ロシアの民間エネルギー調査会社「ロスエナジー」のパートナー兼アナリスト、ミハイル・クルチヒン氏はロシアNOWに話した。サハリンのガス田から北海道までの距離はこれよりはるかに短く、パイプラインの敷設は技術的にまったく困難ではないと考えている。

 議連が安倍晋三首相に向けた正式な提案を用意し、サハリンから東京に近い地域までガスパイプラインを敷設するという初の試みに対する支持を求めたと、6月初めにロシアで報道されていた。議連を率いる竹本直一自民党衆院議員の言葉として、「サハリンのガス田からのパイプライン建設は、現在日本で採択されている経済成長戦略、エネルギー戦略の改変、被災地域の復興を効果的に後押しする」とロシアで伝えられている。

 

プラス面も多いが… 

 このプロジェクトが実現した場合、燃料費は大きく節約できる。ロシアの金融会社「フィボ・グループ」のアナリスト、アナトリー・ヴォロニン氏は、ガスの価格が3分の1になると確信している。中国とガスプロムの契約では、パイプラインを通じたガス価格が1000立法メートルあたり400ドル(4万円)以下だが、インドネシア向けLNGは640ドル(約6万4000円)だ。「日本向けのロシアのLNGはインドネシア向けより安いが、シェアはわずか8%。今のところ、ガスプロムの能力を上回る、このパイプライン建設によって、日本市場におけるガスプロムのシェアが20%まで高められる」

 ロシアの格付け会社「ルス・レーティング」の上級アナリストであるマクシム・プレシュコフ氏は、日本の現在のガス事業では、パイプラインの1.5~2倍高額なLNGが占めている割合が100%だと話す。「サハリンから新たなパイプラインが敷設されると、年間200億立法メートルのガスを日本が受け取ることになる。これは日本の年間需要の約20%」

 

LNGプロジェクトとの兼ね合い 

 だが議連の願いだけでは、プロジェクト実現は難しい。というのも、サハリンのガス採掘プロジェクト3件(サハリン1、2、3)では、すでに輸出計画が作成されており、その大部分がLNGであるためだ。これ以外にも、韓国向けの輸出プロジェクトや、ウラジオストクLNG基地建設プロジェクトもある。「日本側としては、急いで進めてしまうか、またはこれらのプロジェクトの最終決定を待つしかない」とクルチヒン氏。

 また、日本企業が自分たちでパイプラインを敷設することになるであろうが、ロシアのエネルギー企業がこれを不満に思う可能性がある。「現在は中国プロジェクト向けにも十分な能力が確保できていない状態。だが政策抜きで考えると、プロジェクトはとてもおもしろい。これによってガス供給が大きく多様化できるし、輸送費用も著しく低くなる。その一方で、このプロジェクトによって、日本にガスを輸出するLNG基地の収入の一部が消える」とヴォロニン氏。

 

ガスプロムの思惑 

 ヴォロニン氏の試算によると、パイプライン建設にかかる費用は50~70億ドル(約5000~7000億円)。日本の年間ガス輸入額が数十億ドルであることを考えると、それほど高くはない。だがガスプロムのアレクセイ・ミレル社長は、地震学的に困難な領域にパイプラインを敷設しなければならないため、実現は非常に難しいと考えている。ヴォロニン氏はこう説明する。「日本が恐らく投資することになるだろうが、ガスプロムは『他国』のパイプライン経由を望まないのではないか。とてもおもしろいプロジェクトだとは思うが、ガスプロムはただガスを供給するだけで、建設用に一切の資金を動かせないことを妥当ではないと感じているのでは」

 サハリンから北海道まで短いパイプラインを、その後道内の鉄道跡地にパイプラインを敷設するという案が2004年にあったと、クルチヒン氏は説明する。ただしこのプロジェクトでは、年間120億立法メートルの輸出しか見積もられていなかった。新たな提案は、事実上東京までパイプラインを伸ばすもの。西側敷設案では、起伏がそれほど厳しくないが、地震学的には難しい領域や海域での敷設が想定されている。

 クルチヒン氏によると、敷設コストは誰が建設するかで変わってくるという。「ガスプロムでは、ソチ・プロジェクトの一環であるパイプライン建設で1キロメートルあたり800万ドル(約8億円)。西側の企業では、アフリカ沿岸部で1キロメートルあたり200~400万ドル(約2~4億円)」3