ロシア人の特徴をつかめ

PhotoXPress撮影

PhotoXPress撮影

外国人の実業家はロシアに行くことに不安をおぼえる。ハリウッド映画を見ると、ロシア人のビジネスマンは一見、マフィアみたいだし、正攻法で商売をしようとすれば、官僚制度の厚い壁にぶつかりそうだ。だが一度ロシアの地を踏むと、なぜか去りがたい気持ちになるから不思議だ。ロシア・ビジネスで成功するには、ロシア人の特徴を知っておくことが大切なようだ。

特徴① 

信頼したらとことん

 ロシア系資産運用会社「ルネッサンス・アセット・マネージャーズ」の営業部長、イモン・レッチャー氏はシアの銀行からビジネスの実情探った。

  英国人であるレッチャー氏たなすると、ロシア人は最初は懐疑的だった」という

  交渉の最初に警戒心を見せるのは、ソ連時代から変わらないロシア人の特徴初めに求や条件を高め議の後で譲歩する術はく普及していた。

  ただ、「ロシア人とって信頼は極めて重要な資質、一頼すると遠に続く」とフレッチャー氏は語る

 同じ見解を示すのはロシア出身のリーナ・ラグナ氏。ルボルンにあるイギリス系監査法人「プライスウォーターハウスクーパースに勤務している。

  「ロシア人は最初の会議では相手が信頼できるかを探るだけで、打ち解けないことが多い。執的な防護つくっているように見え、そんなことはない。一度頼されたら、ロシア人は最も身的な友になる」


感想

サイモン・フレッチャー氏、ロシア系資産運用会社「ルネッサンス・アセット・マネージャーズ」営業部長
「ロシアの実業界は西側メディアで描かれるような固定観念とは全く違う。ロシアに暮らして7年。このままいるつもりだ。面白い挑戦もできる。私はここでビジネスマンとして成長できた」

特徴②

実は率直で開放的

 ロシア人は相手を信頼するとに感情を表に出す率直で開放的になるのだ。話に夢中になったロシア人はされる限りの近い距離まで迫り相手の肩をたたいたりする。

  その半面、ロシア人外国人が見せる交的顔を理解できない。儀正しさを尊敬してもまねないラグ氏は真意こう解説する。

 「格によって差はあるものの、頼していない相手には喜びを見せず、虚栄を張らない。無駄にアピールするとしっと、自尊心を傷つけられるからだ


3つの偏見

1.バルト三国では、価格を不当につり上げて商いをする人のことを「ロシアのビジネスマン」と呼ぶ。
2.西ヨーロッパでは、ビジネスで利益よりも損失を多くもたらす実業家のことを「ロシアのビジネスマン」と呼ぶ。
3.アメリカでは、税金から逃れるなどの方法で得をしようとする人のことを「ロシアのビジネスマン」と呼ぶ。(本文に登場する英国人のフレッチャー氏もこの見方は「全く違う」と述べている)

特徴③

儀礼は後から

 信頼関係が強いほど礼は少ない。会話に前置きがなく、最初に重要な話や要求を伝えて、後で「元気にしていますか」や「天候はどうですか」聞く。

 フレッチャー氏はロシア人が仕事の話をする場所は事務所ではないと確信している。

 「日の始まりは遅く、深夜まで仕事をする。ロンドンやニューヨークでは昼間に事務所で仕事をえるが、ロシアのレストランはどこもビジネスマンだらけの時間帯でも仕事をしている。フェやレストランでの話題は員室での内容りも期待できる

 

特徴④

融通無碍

  フレッチャー氏はこのような特徴をロシア人の長所の一部と話す。

 「ロシアには常にチャンスがある。シアの企業家精神は独創的。何もないところから自分で発明しなければいけないから

 標準的でない法を模索するのは必ずしも有効とはならないため

 「ロシアの実業家は多くの産業で有企業と競争しなければならない。有企業に勝つためには、融通をせること必要

 

特徴⑤

いつも不満足

 世代のもある。連の学校教育を受けた50歳以上人々スクを嫌い、過去の努力の成果を得が多い。

  40代にも自制する分はあるが、新しいビジネスを行う度に自己規制は緩和される。より多くを求め、永遠に満足しないのがロシア人だ。

 

特徴⑥

おせっかい大好き

 ロシア人言をするのが大好きだ。グジナ氏の知り合いのオーストラリア人はシア人こう評した

 「最初はすごくうんざりした。どのロシア人も僕がすでに知っていることをわざわざ教え、知識をひけらかしてるなと思った。だけど、あとこれが相手に対する思いやり、また友情の証であ自己顕示はないとわかった」