モスクワの地下鉄建設に1兆7000億円

最も混雑した駅という不名誉が与えられるのは、タガーンスコ=クラスノプレースネンスカヤ線の終点となるヴィヒノ駅 写真提供:wikipedia.org / Kalan

最も混雑した駅という不名誉が与えられるのは、タガーンスコ=クラスノプレースネンスカヤ線の終点となるヴィヒノ駅 写真提供:wikipedia.org / Kalan

公共事業などを公示するロシアの国家発注サイトに、モスクワの地下鉄の建設および稼動の一括請負業者を公募する情報が掲載された。これはモスクワの地下鉄建設工事で残っている部分の入札だという。

 公開入札の落札者は、技術発注者の機能を果たす。設計・調査作業を実施し、設計書類および作業書類を作成し、建設・組立作業を実施し、設備を設置する。

 モスクワ市役所の関係者はこう話す。

 「これは相互連係型プロジェクト。一社に全体的な活動を調整してほしい。期日、価格、技術、標準化、包括ソリューションなど、すべてが互いにつながっている」。入札には大手企業が参加すると考えている。

 

2020年末までに158.4kmの路線と79駅を建設 

 モスクワ政府は2020年末までに、158.4キロメートルの路線、79駅、9ヶ所の車庫を建設する予定で、1兆770億ルーブル(約3兆2310億 円)を投じなければならない。「モスメトロストロイ」、「インゲオコム」、「トランスインジュストロイ」、「バムトンネリストロイ」(「モスト」社を含 む)、「カズメトロストロイ」、「ストロイガスコンサルティング」など、国内の大手地下鉄建設会社すべてが、すでに建設工事に参加することが明らかになっ ている。これらの企業が建設する地下鉄は54.4キロメートル。

 

1kmあたり約200億円と試算 

 ロシアの調査会社「インフラニュース」のアレクセイ・ベズボロドフ氏は、モスクワの地下鉄1キロメートルあたりの価格が2億ドル(約200億円)になると試算。概算で、現在建設中の地下鉄は3500億ルーブル(約1兆500億円)ほどまで値上がりしそうだが、モスクワ市役所の関係者は2500億ルーブル (約7500億円)で建設が進んでいると話す。

 

記事全文(露語)