日本のCMの中のロシア

ロシアNOWが、ロシア人が出演したりロシア全体のイメージが現れているようなコマーシャルを集めてみました。日本の広告代理店がロシアで連想するのは、もちろん、寒さ、冬、マトリョーシカ、乳飲料ケフィア、そして美女たちですが、その一方で、ロシアの同業者たちも、日本に負けず、顧客をゲットするために、日本スタイルのCMを作っています。

1. 生茶があればロシアの冬も恐くない

ビデオ提供:Евгений Журенков/YouTube.com

 生茶を飲めば、夏はスッキリ清涼感、ロシアみたいな冬でも温まります、という訳でした。

 

2. 清涼飲料水Mojoは日本スタイル

ビデオ提供:COKO-JAJA/YouTube.com

 面白いのは、ロシアをはじめとするロシア語圏でも、清涼飲料水などの製品の広告に、典型的な日本スタイルのCMとキャッチフレーズを使っていることですね。このモヒート味のドリンク「Mojo」のCMはウクライナで大人気。Suntory Rickeyのそれを連想させるところがあります。

 

3. 赤の広場で踊るマトリョーシカ 

ビデオ提供:apricot5998/YouTube.com

 AGC旭硝子の省エネガラスLow-Eのコマーシャルは、ロシアでも使われています!CMソングを歌うのは、赤の広場の聖ワシリイ大聖堂をバックにしたマトリョーシカたち。

 

4. イエローハットを“被った” ロシア女性 

ビデオ提供:waiwainissy/YouTube.com

 魅力的なロシア女性がイエローハットを“被って”、このカー用品チェーンを紹介。

 

5. t.A.T.u.に野球の練習をさせるには

ビデオ提供:Poligraf Poligrafovitch/YouTube.com

 このコマーシャルでは、日本に再上陸した、あのお騒がせt.A.T.u.が、日本人と野球の練習をするのですが、やっぱりドタキャン。でも、あるモノが、彼女たちを練習する気にさせます。

 

6. 正統派のケフィア

ビデオ提供:kkkyazawa/YouTube.com

 古典的な日本のCMで、ロシアの学校を舞台にして、ロシアの乳飲料ケフィアを宣伝しています。ロシア人はとても丈夫で、美味しい乳製品があるというイメージが背景にあるのかも。

 

7. 歴史的傑作、シュワちゃんの「ちちんぶいぶい」

ビデオ提供:陸奥天斗/YouYube.com

 ソ連崩壊前夜の1990年、アーノルド・シュワルツェネッガーが、ショスタコーヴィチのレニングラード交響曲第1楽章のモチーフを「ちちんぶいぶい」と歌い始めました。この栄養ドリンクのCMシリーズは、歴史的なヒット作となりましたが、当時はまだまだソ連に対する畏怖が「魔人」的に強い反面、イメージが変わりつつあったのが分かります。この狂騒ぶりも、いかにもバブル絶頂期でしたね。

もっと読む: ロシアの猫の愉快な生活 >>>

https://cdn.rbth.com/web/br-rbth/images/2014-04/extra/56.jpg