世界初のバイカル湖の氷上完走

写真提供:Denis Klero/Red Bull Crashed Ice
 アイス・スピードウェイ世界選手権の2度のチャンピオン、ダニイル・イヴァノフが、世界で初めてバイカル湖の凍った表面をバイクで完走した。バイカル湖は世界で最も深い湖。春先になると氷は部分的に薄くなるため、プロジェクトのスリルも増した。

 イヴァノフはそんな季節の変わり目の危険性を物ともせず、氷上で様々な芸を披露した。レース前、シャーマニズムの儀式に参加した。地元の言い伝えによると、湖は偉大な力のある霊魂が住むパワースポットである。

 「レース場を超えて、柵も土嚢袋もない広々とした氷上を走りたいってずっと思ってた。ロシアのモータースポーツ史ではここを走り切った人はいない。先駆者になれたことは幸せ」と、イヴァノフは「レッドブル」の公式サイトで印象を語った。

 イヴァノフは2002年から氷上オートバイレースに参加している。2013年、2014年には、この競技で世界チャンピオンになった。

 

もっと読む:F1で新たなロシア人レーサー登場>>