シャラポワが全米オープン欠場

 ロシアの女子テニス選手マリヤ・シャラポワ(28)が、31日に開幕する全米オープンを欠場する。本人が交流サイト(SNS)「フェイスブック」の自身のページでこれを伝えた。

 第3シードのシャラポワは、オーストラリアのダリヤ・ガヴリロワと対戦する予定だった。全米テニス協会によると、シャラポワの代わりにロシアのダリヤ・カサトキナが出場するという。

 シャラポワはこう書いている。「残念ながら、今年の全米オープンに出場できない。大会のためにできることをすべてやってきたが、時間がたりなかった。数週間後にコートに戻り、このシーズンを最高かつ強力なものにすることを、ファンの皆様に約束する」

 シャラポワは脚のケガからなかなか復活できていない。最近出場した試合はウィンブルドン(7月12日閉幕)。アメリカのセリーナ・ウィリアムズと準決勝で対戦し、敗退した。ウィリアムズはこの大会で優勝している。

 

*記事全文(露語)