プルシェンコ開会式で演技披露へ

ロイター通信

ロイター通信

2度の五輪金メダリストであるフィギュアスケート男子シングルのエフゲニー・プルシェンコが、上海で行われるフィギュアスケート世界選手権の開会式で演技を披露する。タス通信がこれを伝えた。

  「国際スケート連盟と中国の大会主催者に上海へ招待していただいた。私にとってこれは大きな栄誉。近いうちにまたここに戻り、中国の観客のためにアイスショー『雪の王』で演技する予定」とプルシェンコは話した。

 

 プルシェンコは演技用の音楽を主催者が選んだと説明。「これは他のフィギュアスケーターとの共演で、主催者が私のために音楽を選んだ。『ゴッドファーザー』の短い抜粋で、プログラムには4回転ジャンプが含まれている」 

 世界選手権でロシアの男子シングルの選手がメダルを獲得することを、プルシェンコは願っている。「大きな関心を持って、ここ上海でロシアの選手の演技を見守る。今年の世界選手権の表彰台にロシアの選手があがれるよう、心から願っている」

 プルシェンコが特に応援しているのはセルゲイ・ヴォロノフ。「セルゲイとは昔からの知り合いで、何度も一緒に演技した。セルゲイは才能豊かで非常に謙虚なスケーター」

 今回の世界選手権の男子シングルに出場するのは、マクシム・コフトゥンとヴォロノフ。

 

 世界選手権は上海で325日から30日まで行われる。

 

記事全文(露語)