ソチを熱くする

ロイター通信撮影

ロイター通信撮影

 ソチ五輪出場する日本チームははやはない。メダル(銀留まったバンクーバーは異なり、ソチ進が期待される。

  日本は2006年のリノ五輪フィギュアスケートの荒川静香獲得して以来、冬季五輪の金メダルから遠ざかっている。

 その後の8間で、荒川後輩たちがをつけてきた。

 

日露フィギュア対決

 女子シングルでは23歳の浅田真央群の強さを発揮している。刀打ちできるのは15歳のリア・リプニツカヤかいないいうのが大方の予想だ。

  リプニツカヤは地元の強みがあり、ァンの大きな声援が判の採点を左右することも考えられる。

 男子シングルも日露決が見もの。現在世界ランキング1の羽生結弦トリノメダリストのエフゲニー・プルシェンコ選手が迎え撃つ。さと経験のぶつかり合い氷上の熱き戦いに注目が集まる。

 スピードスケートでは、日本は豪選手をそろえてきた。男子では500メートル出場する長島圭一郎と加藤条治の二人金メダルの有力候補

 ロシア勢ではンクーバーメダリストのイワン・スコブレフ期待されしかし、すべての種目で強さを見せる国とオランダがメダルを独占してもおかしくない情勢だ

 

高梨にはかなわない

  スキージャンプで13の女子界チャンピオンである高梨沙羅も安定感のある選手だ。梨は近のワールドカップ16の少女常心で飛べれば、金メダルは揺るがない。

 スノーボードとフリースタイルスキーでも選手期待がかかるノーボードでは田良菜エカテリーナ・トゥデゲシェワ金メダル候補であり、フリースタイルスキーではリザタ・チェスノコワ遠藤尚表彰台を狙っている。