開催決定から6年半

ミハイル・モルダーソフ撮影

ミハイル・モルダーソフ撮影

2014年冬季五輪・パラリンピック開催地決定の瞬間を黒海沿岸の保養地ソチの人々は今でも鮮明に覚えている。07年7月4日未明だった。市中心部の「冬劇場広場」で巨大スクリーンに「SOCHI」と書かれた紙が映し出され、群衆は歓喜に舞い上がった。夜明けまで通りをねり歩き、花火が打ち上げられた。あれから6年半、ソチ五輪は本番を迎える。現地の暮らしにどのような変化をもたらしたのだろうか。地元住民の声を聞いた。  

建築800件、道路、鉄道も!

 ダリア・アクロワさん(音楽家)

  「の夜、私は友達と広場にいました。IOC(国際オリンピック委員会)がソチ開催を発表すると、私達たちゃあきゃあ叫びだしました。隣の男性がいきなり私を抱きかかえてりだした時はまだ、五輪の準備期間に何を体験するか、想像できませんした


 以来、街の生活は激変した。ソチでは約800件の建築工事が始まり、閑静な保養地はの建設労働者が五輪施設を造るリ塚変貌した

  しかも、国の計画は代的なスポーツ施設だけでなく、事実上、新たな都市をまるごと建設することだった。

  この準備期間に、8つの立体交差、総延長400キロい道路、数十のトンネル、橋、鉄道支線が造られた。


地元住民の声

ビャチェスラフ・クズネツさん(運転手)
 「路線と交通標識が頻繁に変更され参った。7分で着くところが3時間もかかった。外国人労働力なしでは不可能な大規模建設です。中央アジア出身の労働者数万人が滞在許可の切れる昨年秋まで、鉄筋コンクリートを組み、ペンキを塗り、道路を清掃していました」


エレーナ・マルキヤノワさん(教員)
 「ソチ五輪のおかげで、私は今新しいアパートに住んでいます。市が都心にとても良い新居を提供してくれました。私の聞いたところでは、多くの教員、医師、軍人、若い家族たちが、五輪の準備期間の最中に、引っ越し祝いをしました」

 ラリーサ・コワレンコさん(企業家)

 「途方もない交通渋滞。1本のている間、隣接路数本をいたイクロバスら降り2キロど歩き、また何か市内交通を使って、また降りて歩きいう具合では開通し市内時間で移動きます

 古い送電線を交換し停電も当たり前になった。現在電力供給ある。クデプスタ村にもう一つ変電所を造る定だったが、地元住民が環境破壊につながるとして反対し、凍結された。

 

 ワシリー・トルストイさん(企業家)

 「私が経営する食料品店では、まだロウソクが置いてあります。最近のソチでは必需品です圧がく低いので、電灯もろくにつかない洗濯機とか電気ポットとかドライヤーとかは話にもなりません。電子レンジにいたっては、2年間全く使えず、3年目に親戚にあげました 

 五輪まであと半年というあたりで、状況が良くなってきた。停電が少なくなり、電圧は上がった。

  商業施設の建設はみ、中心部の高級高層マンションと格安住宅、郊外のセカンドハウス区画は完成したアドレル地区ではランティア用の宿舎が建てられた

 五輪後環境の悪いソチ市民に無料で供給されることになっている


インフォグラフィック:


ソチ五輪インフラと競技日程

 エレーナ・イワノワさん(家政婦)

 「毎週、場の職員がやって来て、屋根と家を塗り替えろと要求していました。問答無用いう態度です。やむなく、借金しまし(有利な条件で。隣年金生活者はもっと幸運した。無料で物の正面を改修してもらえたポンサーが見つかったらしい

 

 

 オレグ・ステコリニコフさん(車椅子使用者の社会団体「ストイク」議長)

 「チ市では、身障者が社会の配慮を実感できるよう、あらゆることがなされつつあります

もっと読む:


ソチの希望の星たち

 保養都市ソチナトリウムや泉などで有名だった輪後は、ホテルの客室が増えたおかげで2倍もの旅行者を受け入れることができる。

 ソチの生活水準は上がった。24時間営業のショッピングモールがいくつも開店し、多くの区に映画館、レストラン、カフェ、ボング場どがオープンしている。

 五輪開催に伴いソチ禁煙の街となった。公共施設とんど飲食店では喫煙禁止。違反すると、ロシアの法律により察が罰金を科すことができのところ、そうしたケースはない。