「最低でも金メダル!」

2014年2月5日 イリヤ・ズブコ
アイスホッケーの優勝こそが冬季五輪成功の鍵。ソ連そしてロシアではそう言われている。ロシア・アイスホッケー界の重鎮たちは代表チームのビャチェスラフ・ビコフ監督とイーゴリ・ザハルキン・アシスタントコーチを解任した。誰が、初めて自国で開催される冬季五輪で勝てるチームを育てる重責を担えるのか。「あの男しかいない」と多くの人は感じた。
アレクセイ・フィリーポフ撮影/ロシア通信
アレクセイ・フィリーポフ撮影/ロシア通信

 白羽の矢が立ったのはジンエトゥラ・ビリャレトジノフ野とソルトレークシティ冬季五輪はアシスタントコーチとして出場し、200405ロシア代表チーム務めた。

 ビリャレトジノフはの決断ではないとして、こう述べた。

 「今回監督就任ロシア連邦)ーチン大統領とルスタン共和国ンニハノフ大統領の決定された退できるものではなかった

 ビリャレトジノフは40年余アイスホッケー人生を歩んきたスクワのチームディナモ学校へ通い、1973年にこのチームで1デビュー15年間、連最高のディフェンス選手の一人として活躍した。

 80のレークプラシッド五輪にソ連代表手として出場米国の選手たちにまさかの敗北を喫した「氷上の奇跡苦い体験者なった。

 ソ連崩壊後、リャレトジノフはL(ナショナル・ホッケー・リーグ)からオファーを受けた最初の人物だ。93から97年にかけて、同リーグでシスタントコーチとして、最初はィニペグ・ジェッツ」ェニックス・コヨーテズカゴ・ブラックホークス指導にあたった。


ジンエトゥラ・ビリャレトジノフ氏=ロイター通信撮影

 監督してロシアの古巣ィナモ戻ってからカナダ仕込みのソ連のコーチ」と呼ばれた

 英語風に「ビル」と呼ばれていた彼は立った手腕を発揮した。2000手時代になわなかったシア選手権ィナモ導く

指揮官は孤独

ヘルシンキでの大敗後、ビリャレトジノフはメディアから身を隠し、なかなかインタビューに応じなくなった。しかし、いまも多くの人が首をかしげる戦術を使い続けている。
2組は攻撃に重点を置いて、ほかの2組は防御に徹しているため、ソチ五輪チームのフォワード陣はKHL(コンチネンタル・ホッケー・リーグ)のレベルで見ても強力とはいえない。
彼らは、あまりショットは打たないが、破壊力はある。そうしたスタイルに不満なファンはいる。ソチで優勝できれば、それもすべて許されよう。
ビリャレトジノフはソチ五輪で自分に何が求められているかが人一倍わかっている。「オリンピックでの監督の仕事は挑戦であり、自分を試し自分の知識を発揮する機会になる。自分にできる限りのことをやる」

後、スイスのチーム「ルガーノ」とロシア代表チームでの短期間の仕事を経て、ビリャレトジノフはタタールスタン共和国ザンのチームク・バルス監督なる。

 多くの形選手をそろえるまさに界選抜チームなり、同チームのその年の給与の総額は5000~6000万ドル達したという。

 アク・バルス脳陣は、タタスタンの人気チームをモスクワ出身でタール民族リャレトジノフに任せるのはってつけと考えた。

 しかし、期待は切られ、ク・バルス肉にも、ビリャレトジノフのいないィナモ優勝をさらわれた。

 大方の予想に反してク・バルス督を解任しなかった。年、チームは悲願の優勝を果たし、その後、2連続でガガーリン杯の美酒に酔った。

 ビリャレトジノフりのチームに育てシア代表ームは12の世界選手権で10戦負けなしの完全優勝を遂げた。

 1後、マルキンとダツュクの天才プレーヤーを欠いたロシアームは上最悪の惨敗喫してしまう。

 ヘルシンキわれた世界選手権の準々決勝で米国に8対3大差敗れたリャレトジノフは、「全くない。んな負け方は初めてじだんだを踏んだ。
大舞台、名将導く起死回生策の真価が問われる。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!