新交通網をハイテク化

工事完成が急がれるソチの五輪会場周辺。=Yuri Kozyrev/Noor Images撮影

工事完成が急がれるソチの五輪会場周辺。=Yuri Kozyrev/Noor Images撮影

この時代、オリンピックの祭典ほど大がかりな組織で手のかかるイベントはそうない。ロシアの大手企業は、観客が空路でも陸路でも楽にソチを訪れ、通信手段を快適に利用できるように準備している。

ソチ便を大幅増便

  オリンピックの参加者客の大部分は、飛行機で冬季五輪の開催地ソチを訪れるエロフロート新規の冬季運では、モスクワとソチを結ぶ定期便は1日5便だが最大12便にまで増便される可能性がある。

インフォグラフィック:


ソチ五輪インフラと競技日程

 アエロフロートは2014年1月27日から225日まで、州最大のハブ空港フランクフルトソチを直行便で結び、快適なA321による定期便を毎日運航させる。

 ソチ五輪クノロジーの点で最も進んだオリンピックとなる。アエロフロート」の乗客はWi–Fiが使える便を利用することで、ソチに着く前にいち早くそれを実感できよう。

  「ロシア鉄道」はリンピックの主要な交通手段となるアドレルからリピカ・セル」駅へ至る自動車鉄道共用路の建設を進めている。

  同駅からはュージュ・センター「サンキ」その他のオリンピック施設へアクセスできる。全長48.2キロこの共用路には12のトンネルと46の橋が設けられる。ロジェクトに基づいて建造される道路の総延長は、130キロ上回る。

 

複合輸送システム

  ソチの中心部と空港を結ぶ鉄道も新設された。空路でってくる人の多くは道で市内へ入るが、要時間は1間を切る。これはスクワ、エカテリンブルウラジオストク、カザンに次いで目のインターモーダル輸送(複合一貫輸送)システムとなる。

 

 オリンピックの参加者および観客を運ぶのは、ロシアを走る郊外電車として開発された最新型の列車「ラトチカ(ツバメの電車は、氷点下40度からプラス40度までの気温に耐えられ、高湿度や結氷をものともしない。

もっと読む:


合言葉は「金」奪還

 また、車椅子を使用する身体障害者用の昇降機が装備された車両がチに初めてお目見えする。

 ソチでは、「ロシア鉄道」のすべての施設が、バリアフリーを念頭において修されている。

 音声および照明によるシグナル、視力や聴力の弱い人を対象とした看板やタブローの触覚表記、身体障害者用の特別販売エレベーター、スロープ、休憩室、化粧室などの完備する

 これら修の際駅舎に取り入れられ、新しい施設にはめから設置れている。

  こ合った状況での安定したモバイル通信やインターネットにも慮が見られる。

 例えばロシアの携帯電話オペレーター「メガフォン」はチに通信インフラを設け、700以上の2G3G4Gベーステーションがバイル環境を保証る。

 ソチオリンピックは10メガバイトバイト以上の速度の4Gネットワークサービスが利用できる史上初めての冬季五輪となる。

 オペレーター間のローミングのエリアで「メガフォン」のネットワークを利用するために、他のオペレーターのユーザーは分の携帯端末の画面上でそれを選択するだけでいい。

 

五輪後もインフラ残

  オリンピック閉幕後、すべての交通および通信のインフラは、ソチとその周辺に残り、この保養地をロシアで最も進んだ地域の一つにする。

 ソチで大手企業が手がけている多くの開発は国に普及することになる。