合言葉は「金」奪還

アデリナ・ソトニコワ選手=Getty Images/Fotobank 撮影

アデリナ・ソトニコワ選手=Getty Images/Fotobank 撮影

2010年バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートでロシアは初の金メダルなしに終わった。それだけに自国開催のソチ五輪での金メダル奪還に燃えている。ロシア・スケート連盟はペアの世界チャンピオン、タチアナ・ボロソジャル&マクシム・トランコフ組の金メダルを確信しているほか、2006年トリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコにも期待をかけているが、激しい国内代表争いは日本だけではない。

出場枠は男子1女子2

 2013年の世界選手権の結果、ロシアはアとアイスダンスで3ずつ、女子シングルで2、男子シングルで1のソチ五輪場枠を手に入れた。

数字あれこれ

148人
フィギュアスケートに参加できる選手の数は合計で148人になる。
5つ
ソチ冬季五輪のフィギュアスケートのメダルのセット数。国際オリンピック委員会(IOC)が団体競技を加える決定をしたため従来より一つ増える。開会式前日の2月6日から22日までアイスバーグ・スケート・パレスで競技が繰り広げられる。
30分未満
アイスホッケーとフィギュアスケートの2回目のチケット発売が始まってから売れ切れるまでの時間。最も人気のある種目は全部完売となった。

 不動の本命がいるのはアのみで、ほかの種目では、ーズンの幕開けから激しいップ争いが予想される。

  アイスダンスでは、世界選手権で銅メダルを獲得しているエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビヨフ組と欧州選手権でメダルを獲得しレーナ・イリイヌィフ&ニキータ・カツァラポフ組の競り合いが続いている。

  女子シングルでは、どちらも昨シーズンの自身初のシニア州選手権でいきなり表彰台に上ったデリナ・ソトニコワとエリザベータ・トゥクタムィシェワにきな期待が寄せられている。さらに2012年の世界選手権で銀メダルに輝いリョーナ・レオノワも五輪場のチャンスをうかがっている。

  バンクーバー大会でしくも4位にとどったペアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ組は、また不運に見舞われた。

 

スミルノフ負傷

 1010日、スミルノフの靭帯(じんたい)を断裂したのだ。イツで手術を受け、現在、リハビリである専門家よれば、けが完治には2~6かる師らは、手術後10週間はリンクに立たないようスミルノフにくぎ刺している。

 しかし、スミルノフ本人は表チーム編成の行方を左右する122227シア選手権に出場するつもり

 最しい状況にある子シングルだ。出場枠は1だけ。力候補は2いる。


プルシェンコも必死

 ジュニア・グランプリ・ファイナルで優勝しクシム・コフトゥン113日で31歳になったベテランのエフゲニー・プルシェンコ

 コフトゥン来のロシア・フィギュアスケート界を背負って立つ選手で、後者は、優れた技術と豊富な経験をそなえすます円熟味を増しつつある 

 自4度目となるオリンピックのために脊椎(せきつい)を手術したルシェンコは、まだ一度も、公式の競技の場で自分のプログラムせていない。アレクセイ・ミーシン・コーチによれば、プルシェンコが観客の前に姿を見せるのは11月のリガでの競技会になる

 ミーシン・コーチは、ロシア・スケート連盟の公式サイトでこう述べている。

 「ルシェンコの今シーズンのフリースケーティングのテーマはザ・ベスト・オブ・プルシェンコ』。この作品には、彼のこれまでのプログラムの粋が集められています」

 

一言

ボロソジャル&トランコフ組:
「私たちは、もっと上手に、もっと美しく滑り、もっと何かを加えることができます。確かに世界記録は出せましたが、まだ道半ばです。大切なのは、現在の水準を下回らないこと。まだまだいけると感じていますので、さらに上を目指していきたいです」

ボロソジャル組万全

 一方、ロシア最強ペアのボロソジ&トランコフ組は調にオリンピックシーズンをスタートさせた。

 世ャンピオン・ペアョートプログラムフリースケーティング計で歴代最高得点を2更新した。1目は、9ドイツ行われたネーベルホルン杯、目は10月のトロイトでのスケート・アメリカ」で、 合計237・71点を記録した


  「ジーザス・クライスト・スーパースター」の音楽に乗せたフリースケーティングニーナア・モーゼル・コーチも肌が立っ、と明かすほどだった

 五輪開幕ピーク迎えてしまうのではとの心配すら聞こえるが、本人らによれば、ままだ最高の出来ではないという。本番でさらなる高得点を出すつもりのようだ。