ロシアン・オーブン:ケーキのツァーリ「メドヴィク」

 ロシアで愛されてやまない蜂蜜ケーキ「メドヴィク」は、友人との再会、家族の祝宴など、あらゆるパーティーを盛り上げてくれる。

  メドヴィクはおそらく、ロシア・ケーキ史上最高のケーキだろう。この蜂蜜を主材料とした多層ビスケット・ケーキは、クリーム状のフィリングにより、とてもまろやかな味わいになっている。メドヴィクは19世紀初頭、皇帝アレクサンドル1世の宮廷で働いていた菓子職人(名前は不明)によって考案された。

 ソ連時代にメドヴィクは主婦の間で大人気となった。品不足の時でも材料をそろえられるといった手軽さがその理由であった。今日、メドヴィクは料理人の間でも、一般社会でも、高く評価されている。

 メドヴィクには多くのバリエーションがある。ソ連時代の典型的な製品の一つ、練乳を使用したレシピを本記事で紹介する。メドヴィクは時間と忍耐を要するが、その価値はある。

 

材料

小麦粉 550グラム

砂糖 230グラム

バター 350グラム

蜂蜜 100グラム

加糖練乳 360グラム

卵 2個

ベーキングパウダー 小さじ1

 

作業開始!

 まずは生地づくり。

  • 蜂蜜、バター100グラム、砂糖を湯煎にかけながら混ぜる。この時、中のボウルより小さい鍋を使うなどして、ボウルを熱湯につけないようにする。
  • 卵2個を割って溶きほぐし、ボウルに加える。砂糖が完全にとけるまで混ぜる。ベーキングパウダー小さじ1を加える。約2分間、泡が立つまで混ぜる。
  • ボウルを湯煎から外し、ふるいにかけた小麦粉を少しずつ加えて混ぜる。
  • 生地を2時間冷蔵庫でねかせる。
  • 生地を冷蔵庫から取り出し、いくつかに切り分け、一つずつ丸く伸ばしていく。薄ければ薄いほど良い。
  • 生地片を拾い集め、細かくして、ケーキの装飾用としてバラバラに焼く。
  • 伸ばした生地は1枚ずつ、170度のオーブンで5~6分焼く。

 

 次はフィリングづくり。

  • バター250グラムを泡立て器(電動)やブレンダーでつぶし、練乳を少しずつ加えながら、混ぜていく。
  • 焼いた生地にフィリングを塗り、その上に生地を重ねて、またフィリングを塗る作業をくりかえす。表面にフィリングを塗り終わったら、装飾用に焼いた生地をバラバラと上にかける。

 できあがったケーキをすぐに冷蔵庫に入れないこと。常温に3~4時間おいて、フィリングを生地にしみ込ませる。

 どうぞ召し上がれ!