美味しいテレビ:ビールのつまみに最高の茹でザリガニ

 今日はすばらしい夏の軽食を作ろう。茹でザリガニだ。だが、警告しておこう。まだ生きているザリガニを扱うため、これは臆病な人には向いていない。

 ザリガニはグリルで焼くか、オーブンでソースと一緒にベークすることができるが、今日は最も単純なバージョンで調理することにした。つまり、茹でザリガニをつくるのである。ザリガニの調理にはいくつかの単純な手順がある。いくらかのパセリ、ディル、タマネギ、月桂樹の葉、胡椒の実を沸騰水に入れる。ここで塩を加える。そしてザリガニを入れる。ロブスターは10〜15分ほどで、すぐに火が通る。火が通ったことを示す印は2つある。第一に、赤くなる。第二に、尾が曲がり、まっすぐに直そうとしてもすぐに巻き戻ってしまう。