『分身 あるいはわが小ロシアの夕べ』

アントーニイ・ポゴレスキイ 著

栗原成郎 訳 

像社


 ロマン主義の作家アントーニイ・ポゴレーリスキイ(1787〜1836)の短編集の本邦初訳。ナポレオン侵攻時のモスクワが舞台の冥婚譚(めいこんたん)、人形愛による破滅というホフマン的主題の変奏など麗な幻想が次々と展開され、息をもつけぬ面白さだ。

 孤独な知識人がごと出現する自分の分身と語り合うという設定も興味深い。この枠組があることで、個々の物語は「わたし」と分身との対話の過程で相対化され、重層的な陰影を帯びている。

 「刊行された1828年には説というジャンルはなお生成途上にあった。

 名著血鬼伝説シア異界幻想の著者による正確で美しい日本語訳を通して、私たちは「小説」が確立する以前の、みずみずしく自由な散文の可能性に触れることができる。