ロシアバレエの新星9人

Yulia Maksimova
 モスクワ、サンクトペテルブルクだけでなく、地方の劇場で活躍するバレエ界の若きスターたちを紹介しよう。

1. デニス・ザハロフ

 ボリショイ劇場は、30年前にあったような、新たな世代誕生の時期を迎えている。その第一線にいるのが22歳のデニス・ザハロフである。大きな跳躍、柔らかでありながあらダイナミックな回転、そして牧歌的な「ラ・フィユ・マル・ガルデ」からアイロニカルな「チポリーノ」まで簡単にこなせる幅広さから、ザハロフはボリショイの舞台に初めて立ったときから注目を浴びた。 

 ボリショイデビューはまだモスクワ舞踊アカデミーの卒業の2年も前のことである。アカデミーの最後の年にデニスは、ボリショイ劇場のマハール・ワジエフ芸術監督に招待され、デビューした。「眠りの森の美女」の青い鳥役を見事に演じた。男性バレエダンサーがこうした形でデビューを果たす例は史上稀である。その後、デニスは着々と王子役への道を歩み、3年で、「くるみ割り人形」、「眠りの森の美女」のデジレ王子、「エチュード」の初演、「ラ・シルフィード」のロマンティスト、ジェイムス役などを演じた。

 しかし、はまり役となったのは「白鳥の湖」の悪魔ロットバルト役である。この役は、最初にこの役を演じたワレリー・ラグノフから譲り受ける形となった。

2. マリヤ・イリューシキナ

 マリインスキー劇場のランキングでは、ソリストとしてはまだ目立たない場所に位置しており、主役としての演目も少ないが、舞台に立つたびセンセーショナルを巻き起こしている。イリューシキナの魅力は、容姿が美しく、身体的能力が高いだけでなく、彼女にしかない独特の「カラー」を持った演技である。これまでに、はっきりとした性格のオデット、「白鳥の湖」で最初の舞踏会に喜ぶオディール、善の勝利を信じさせてくれる「眠れる森の美女」のリラの精、そして若きライモンダなどを演じている。

 マリヤはペテルブルクのバレエダンサーとしては典型的な道を辿っている。新体操の世界から、ワガノワ・バレエアカデミーに入学し、ニューヨークのワレンチーナ・コズロワ国際バレエコンクールで優勝を果たし、2016年にマリインスキーバレエに入団した。誰もがそうであるように、コール・ド・バレエ(群舞)からスタートしたが、「白鳥の湖」の白鳥たちの中でも目立った存在であった。初めて、ソロを演じる役に抜擢されたときには、たった1〜2分の彼女のヴァリエーションを見るために、多くのバレエファンが3幕もののバレエに足を運んだ。

3. クセニヤ・シェフツォワ

 ペテルブルクのワガノワ・バレエアカデミーを卒業後、クセニヤはベルリン国立バレエに招かれていたが、彼女はこれを断り、モスクワのスタニスラフスキー・ネミロヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場に入団した。住む街を変え、環境を変えることは彼女にとっては難しいことではなかった。シェフツォワはサマーラ生まれで、バレエのレッスンを始めたのもサマーラであった。フットワークの軽さはシェフツォワの特徴である。アカデミー時代から多くの役を演じ、学生としては非常に幅広いレパートリーを有していた。もっとも劇場でのデビューは、燭台を持って立つ役であった。

 しかし、ミュンヘンでの客演で、主役のバレリーナが負傷したため、観客席に座って舞台を見ていたクセニヤが急遽、舞台に出ることになった。ほぼ準備もなく、メイクもヘアセットもしないまま、「うたかたの恋」の難しい役どころであるマリヤ・ヴェチョラ役を演じた。そしてこれを機に、「白鳥の湖」、「ジゼル」、「ラ・バヤデール」などに抜擢されるようになった。

 フランス人のローラン・イレールが芸術監督を務めるモスクワの音楽劇場に移ってからは、レパートリーが大幅に広がったが、セルジュ・リファールのネオクラシックバレエ「白の組曲」やウイリアム・フォーサイトの「セカンド・ディテール」の厳格なダンスはとくに評価されている。

4. ソフィヤ・マチュシェンスカヤ           

 「彼女は非常に繊細なアーティストで、良い耳を持っています。そして自分が変わることを恐れていません」。最近までマリインスキー劇場のプリマとして活躍した、マチュシェンスカヤの師、ダリヤ・パヴレンコは言う。2人はレオニード・ヤコブソン・バレエ劇場のリハーサル室で出会った。マリインスキー劇場、アレクサンドリンスキー劇場、ミハイロフスキー劇場などで上演を行なっているこの小さなバレエ団は年々、注目を浴びるようになっている。クラシックバレエの演目でもこのバレエ団には独自の特徴がある。

 マチュシェンスカヤの魅力が引き出されたのは、英国ロイヤル・バレエの元プリンシパルのオランダ人、ヨハン・コボーが振付師として招かれた「ドン・キホーテ」。最初のシーズンでソフィヤは最高のキトリ役を演じた。この役で、ソフィヤはロシア国家演劇賞「黄金のマスク」賞にノミネートされた。これを機にスターへの階段を一気に登ったソフィヤは、6シーズンで、「くるみ割り人形」のマーシャ、「眠りの森の美女」のオーロラ姫、ジゼルなどの役をこなし、「スペードの女王」の世界初演にも出演した。

5. アルセンティ・ラザレフ

 学生時代にスターの座についたラザレフ。ノヴォシビルスクのバレエ学校を卒業する少し前に、アルセンティはビシケク、エカテリンブルク、ペテルブルクでの国際コンクールで入賞を果たした。それでも、ノヴォシビルスク州にあるモシコヴォ村の修理工の息子であるアルセンティがボリショイ劇場に招かれたというニュースはセンセーションとなった。

 しかし数ヶ月後にラザレフはエカテリンブルクの「ウラル・オペラ・バレエ」劇場に移ると決意した。ウラル・バレエ団のヴャチェスラフ・サモドゥロフ芸術監督は、22歳の新人について、「賢く、どんな役もできる。実験を恐れない。カリスマ性と高い技巧を兼ね備えている」と評価する。先日まで学生だったラザレフは、最初のシーズンで、「パキータ」のソリストに選ばれることとなった。そして1年後には、「L'Ordre du Roi(王の命令)」の世界初の初演に出演した。レパートリーにはあらゆる伝説的な王子役が含まれている。

6. クセニヤ・オフチンニコワ

 サマーラ・オペラ・バレエ劇場では、ソ連の振付家ウラジーミル・ブルメイステルによる「シュトラウシアーナ」という1幕もののバレエが上演されている。その中ではシュトラウスの「美しく青きドナウ」の音楽に合わせ、19世紀のウィーンのブルジョア社会が描き出される。群衆の中には様々な人物がいて、目移りするが、真っ白な衣装を着て、羽のついた帽子をかぶった女性が現れた瞬間、このワルツは彼女だけのために流れ始める。この女優の役を演じるクセニヤ・オフチンニコワは、この魅力的な役のために生まれてきたかのようである。彼女には観客の目を惹きつける才能がある。彼女は、ペルミバレエ学校を卒業してすぐにバレエ団の主要な位置を占めるようになったが、しかし才能はすぐに認められたわけではなかった。数年を経て、しっかりとした技術的基盤があること、そしてそれ以外の才能を兼ね備えていることが認められるようになった。現在は、「白鳥の湖」のオディール、「ドン・キホーテ」のキトリ、「海賊」のメドーラ役を演じている。 

7. エレーナ・スヴィンコ

 現在24歳のエレーナもまた学生時代から注目されていた。クラスノヤルスクのバレエ学校時代は、まだ幼いうちから国際コンクールで入賞するようになり、2016年にクラスノヤルスク・バレエに入団した。

 バレエを始めたのは4歳のとき。両親(母親は医師、父親は工場勤務)は舞台とはなんの繋がりもなかったが、姉のスヴェトラーナ(現在、ペテルブルクのレオニード・ヤコブソンバレエの主要ソリスト)の影響でバレエの道へ。スヴェトラーナと異なり、エレーナは、ソリストとして迎えることを提示された故郷のバレエ団に入ることを選んだ。

 優雅で美しい脚を持つスヴィンコは、背が高く、大胆な現代的なタイプのダンサーで、クラシックバレエも、モダンバレエも同じように自由に演じることができる。そうした特徴はレパートリーにも反映されており、ロマンティックなジゼル、茶目っ気たっぷりなスワニルダ(「コッペリア」)、勇敢なクパヴァ(「雪娘」)から、洗練されたオーロラ姫(「眠れる森の美女」)、感動的なシンデレラまで、幅広い役柄が含まれている。

8. ディアナ・クストゥロワ

 22歳のディアナは、ギリシャ神話アルテミスにインスピレーションを受けて作られた20分のバレエ「ディーヴァ」の主役で脚光を浴びた。この作品は、ディアナが入団して3年目を迎えるヴォロネジ・オペラ・バレエ劇場で、モスクワの若い振付師らによって上演されたものである。新体操からバレエに移ったクストゥロワは、身長が高く、手足が「果てしなく」長く、歩幅が大きく、一般的なバレエの技を演じなくても魅力的である。とはいえ、もちろんバレエの技でも高い技術を持っている。レパートリーは、「白鳥の湖」のオデット、オディール、「眠れる森の美女」のリラの精、「ジゼル」のミルタ、「海賊」のギュリナーラ。

9. サルィアル・アファナシエフ

 バレエを習わせたのは母親で、地方の村からヤクーツク・バレエ学校に通わせたという。しかし、レッスンを始めて数年後には、自分自身で野望的な目標を立てるようになった。そのおかげもあり、13歳でニューヨークに行き、ユース・アメリカ・グランプリでファイナルに残り、国内ではソチで行われた「世界の若きバレエ」コンクールで、ユーリー・グリゴローヴィチを前に才能を感じさせる演技を見せた。そこで2010年にヤクーツク劇場に入団する際も、コール・ド・バレエではなく、ソリストとして採用された。

 身長はあまり高くなく、ガッチリとした体型であるが、力強い跳躍とスピード、力強いピルエットが魅力。サルィアルの当初のレパートリーは、「ドン・キホーテ」のバジルや「ラ・バヤデール」のソロル、スパルタクスなど、その特徴に合致したものであった。しかし、ヤクーツク劇場でのキャリアを登りつめた後、アファナシエフはモスクワのスタニスラフ・ネミロヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場のソリストになるという大きな選択をした。しかしそこでレパートリーをさらに広げ、ヤクーツクでは演じる機会のなかったケネス・マクミランの「うたかたの恋」、セルジュ・リファールの「白の組曲」などの役を得た。こうした経験を経て、故郷に戻ったアファナシエフは、現在、「ジゼル」のアルベルト、「十二の椅子」のオスタップ・ベンデル役を演じている。

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる