ロシア絵画に見るモスクワの地下鉄(絵画特集)

Alena Dergilyova; Ekaterina Kornilova, Private collection; Semyon Agroskin
 モスクワの地下鉄は単なる交通機関ではなく、息づかいと伝説と秘密に満ちた地下に広がる大きな一つの世界であり、またその信じがたいほど豪華な内装はまるで美術館さながらである。そんな地下鉄をロシアの画家たちはどのように描いたのだろうか?

アレクサンドル・ラバス、「地下鉄の中で」、1935年
グリゴーリー・シェガリ、「エスカレーター」、1941年
ナタリヤ・ネステロワ、「地下鉄」、1980年
セルゲイ・チェスノコフ=ラディジェンスキー、「地下鉄」、1985年
ウラジーミル・ヤンキレフスキー、3部作第14番、「自画像(父の思い出)」、1987年
アリサ・ザルジェフスカヤ、「地下鉄」、2005–2008年
アレクサンドル・ヴィフロフ、「地下鉄」、2010年
ウラジーミル・マニュヒン、「地下鉄」、2010年
アリョーナ・デルギレワ、水彩画シリーズ「モスクワ」より
アリョーナ・デルギレワ、水彩画シリーズ「モスクワ」より
ウラジーミル・ゲラシモフ、「地下鉄駅クロポトキンスカヤ、冬」、2007年
セミョーン・アグロスキン、「もたれかからないでください」、2018年
アザム・アタハノフ、「地下鉄の画家」、2018年
エカテリーナ・コルニロワ、「地下鉄職員」、2018年
アレクサンドル・トリフォノフ、「出口」、2018年

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる