1920年代の狂気のソビエトの写真20選

 ソビエト政権の幕開け時代、この国にも大きな自由があるように見えた。アヴァンギャルド芸術、大胆な実験的演劇、自由恋愛、ヌード撮影会、熱狂的なパレードなどである。

ソビエトのプロパガンダ演劇: 余興「メトロポリタン」の衣装をつけた青いシャツ煽動チーム
ソ連アヴァンギャルドのセックスシンボル―リーリャ・ブリーク
ヴフテマス(国立高等美術工芸工房)のアレクサンドル・ロトチェンコの生徒たち
若い芸術家たちの作品展
ワルワラ・ステパノワがデザインした生地で作った服をまとって踊るカルト写真家アレクサンドル・ロトチェンコ
モスクワ中心部のヌーディストビーチ、1928年
第3インターナショナルの記念塔(タトリンの塔として知られている)を設計するウラジーミル・タトリン
タトリンの塔を担ぐレニングラード(現サンクトペテルブルク)でのデモ
有名ダンサー、イサドラ・ダンカンがロシアでモダンダンスを教える
美術誌「LEF」の表紙を飾るオシップ・ブリーク
映画「戦艦ポチョムキン」の宣伝
浮浪児とピオネールによるデモ
元王宮に作られたサナトリウムで朝の体操に励む農民たち
フセヴォロド・メイエルホリドの実験演劇の一場面  
森林でのアート・キャンプ
ピオネールの記念祭

「動きの芸術」、ヴェラ・マヤ・ダンス・スタジオ
インナ・ブィストリニナのダンススクール
女優マルガリータ・チェルディニナ

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる