モスクワオリンピック(1980年)の世界のポスター(写真特集)

ソ連で初めて(そして唯一の)オリンピック大会の準備は大々的に行われた。そしてソ連と世界の最高の芸術家らが数多くのポスターを作った。

 1970年代半ばにソ連のモスクワが1980年開催の夏季オリンピックの会場に選ばれて以来、ソ連の出版社「プラカート(ポスター)」は、オリンピック大会をテーマにした印刷物を出版するようになり、また外国の出版社を通じて、友好国の広告ポスターを広めるようになった。

 1978年には大規模なオリンピックの国際ポスターコンクールが開かれ、世界45カ国の芸術家から5,000点を超える作品がモスクワに送られた。コンクールで入賞を果たした作品は、ソ連およびソ連国外で大量に印刷された。そんなポスターのいくつかを紹介しよう。

川津英夫、マツモト・シゲオ、イシノサワ・ハルトモ、 岸本健 (日本)
マルティン・クラステフ(クリステフ)(ブルガリア人民共和国)
ガレギン・ブルヌチャン(ソ連、トビリシ)
カローリ・スリフカ(ポーランド人民共和国)
ジェフリー・N・ルグレス(オーストラリア)
ヴィクトル・ポタポフ(ソ連、モスクワ)
フェリクス・ベリトラン(キューバ)
マルティン・モトロフ、ミロスラフ・ロトカ(チェコスロヴァキア社会主義共和国)
マルティノ・ジェレヴィニ(イタリア)
セルゲイ・チェルノフ(ソ連、ヤルタ)
ラジヴォエ・ミルティナ・ユゴヴィチ(ユーゴスラヴィア)
ユッタ・ダム=フィドレル、ヨハン・フィドレル (ドイツ民主共和国)
ヴィクトル・プダコフ(ソ連、モスクワ)
ヤダムスレンギイン・ウルジネエ(モンゴル)
ヴャチェスラフ・ダヴィドフ(ソ連、モスクワ)
ホセ・F・ダトゥイン(フィリピン)
フェルナンド・カブレイオス・ブラガ(ペルー)

「ロシア・ビヨンド」がLineで登場!是非ご購読ください!

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる