ビフォー・アフター:ナチスに破壊され、ロシアが復元した美術品(写真特集)

プーシキン美術館
 第二次世界大戦中、多くの美術品が被害に遭った。中には、何年もの手のかかる作業を経て、最近ようやく復元されたものもある。その一部をご覧に入れよう。

 モスクワのプーシキン美術館が、「二度救われて」というサイトを立ち上げた。このサイトでは、第二次世界大戦中に破損した美術品、古代の花瓶、彫刻の復元前と復元後の驚くべき写真が掲載されている。 

 1945年、ソ連の博物館に、補償事業の一環でドイツから美術品がもたらされた。ソ連の専門家らはドレスデン美術館の傑作や、その他の古代のユニークな考古遺物、西欧の彫刻、応用芸術を修復した。作業は現在のロシアでも続いている。2000年代最初の十年だけで、ロシアの修復家らは750点以上の珍品を修復した。

 

1. カンパンの体育訓練場レリーフ

ローマ、前1世紀~後1世紀

 

2. D・ドナテッロ(?)、踊るキューピッド

イタリア、1500年-1525年(?)

 

3. 四面装飾のある大オイノコエー 

キプロス、前7世紀

 

4. アゴスティーノ・ゾッポ、地獄(三人のモイラの集団) 

イタリア、16世紀半ば

 

5. 少年の胸像

デジデーリオ・ダ・セッティニャーノ(1430年-1464年)の模倣

 

6. ドナート・ディ・ニッコロ・ディ・ベット・バルディ、通称ドナテッロ(1386年頃-1466年)。洗礼者ヨハネ

フィレンツェ、1425年-1430年(?)

 

7. アンドレア・ブリオスコ、通称リッチョ(1470年-1532年)の作風。インク入れ。少年とイナゴ

 

8. めっきの装飾が入った黒漆の大クラテール 

アッティカ、前3世紀初頭

 

9. 騎士の行進と女神の頭部が描かれたアンフォラ・ブッケロ 

エトルリア、前6世紀

 

10. アクタイオンの死の場面を描いた赤像式のアンフォラ 

イタリア南部プッリャ、チェーリエ・デル・カンポ、前320年頃

 

 プーシキン美術館の工房で復元された美術品の写真展覧会「二度救われて」 が2020年9月にインドのチェンナイで開かれる予定で、2020年10月にはプーシキン美術館でも開催される。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる