1940年代のソ連女性たち(写真特集)

イワン・シャギン/MAMM/MDF
 第二次世界大戦はロシア人女性の姿と装いに変化をもたらした。戦争中、多くの人々は軍用服を身につけるか、あるいは後方の工場で働いた。しかし1945年5月9日、待ち望んだ勝利は人々の緊張を解きほぐし、写真には素朴な喜びや散策の様子、ビーチで寛ぐ人々の姿が映し出されるようになった。

レニングラード、「青銅の騎士」像のそばで
女優、リュボーフィ・オルロワ
開戦2日前の卒業生たち 1941年
ドニエプロ–ブグスキー運河の建設。ショベルを持つ女性たち
戦闘で負傷した兵士に包帯を巻く17歳の看護婦、ニーナ・ブラコワ
女性狙撃手、リュドミーラ・パヴリチェンコ
軍需工場の作業所で働くスタハノフ運動者A.M. マリャシナ
井戸のそばに立つ少女と兵士
解放され真っ先に故郷に向かう女性兵士たち
第46親衛夜間爆撃航空連隊第46中隊の爆撃手でソ連英雄のエヴドキヤ・ボリソヴナ・パシコ
「わたしの勤労奉仕」―靴下を編む老女
わたしの祖母、アレクサンドラ・ゲラシモヴナ・イリイヌィフ(サリニク)
戦後撮影されたレニングラード封鎖の防衛者
コムソモール中央委員会第11回大会でのコムソモールの少女たち
ヴィクトル・アルドフの自宅を訪れるアンナ・アフマートワ
イルクーツク州にある休暇の家「マルタ」
船に乗る女性
アルテク」、アダラリをバックに
女優、リディヤ・スミルノワ

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる