注意:これらの模様は催眠術をかけるものだ。そしてそこにはレーニンが描かれている(写真特集)

Ivanovo State Museum of History and Local Lore of D.G. Burylin
 プロパガンダ織物というものを見たことがあるだろうか?イワノヴォの繊維工場博物館には、200年にわたる魅力的な作品だけでなく、このタイプの織物の最高の見本がある。

 イワノヴォ市(モスクワの北東300キロメートル)は、高品質の織物で有名だ。地元の工場では18世紀初頭から織物の生産が始まり、ペイズリー模様や花柄があしらわれた伝統的な装飾品(1893年にシカゴで開催された万国博覧会にも展示されていた)を製造し、またハンマー、鎌、ウラジミール・レーニンが描かれたソビエト織物も作られている。地元にあるチンツ(艶出しされたマルチカラーコットン生地)の博物館は、イワノヴォで作られた綿と絹に描かれた300を超える象徴的なサンプル品をデジタル化して展示している。では、見てみよう!

 このコレクションの重要な部分は、女性用の頭に巻く様々なショールで構成されている。ショールはロシア女性の衣装において重要な位置を占めていた。第一に、一年のほとんどが寒く、第二に、既婚女性が頭飾りなしで外出するのは無作法と考えられていたからだ。伝統的なイワノヴォのペイズリー模様の手作りされたこのスカーフは18世紀後半に作られた。

 「題材のある」最初のスカーフの一つは「イワン・スサニンの偉業」を描いたものだった(1613年のポーランド軍の介入のさなか、彼は皇帝ミハイル・ロマノフの場所を明かさず、そのせいで殺害された)。この19世紀半ばに作られたスカーフには、ポーランド軍に囲まれたスサニンが描かれ、隅にはコンドラチイ・ルイレーエフの詩が載っている。

 1893年、イワノヴォの織物は、シカゴで開催された世界最大の博覧会に出品された。ロシアのパビリオンでは、9つのイワノヴォの会社が織物を展示した。そのうちの一社である「アントン・ガンドゥリン」は、アジアへの輸出向けにデザインされた明るい模様のチンツでアメリカ合衆国からメダルを授与された。

 1913年、ロマノフ家の300周年を記念して、イワノヴォの工場では、歴代の一族の顔が描かれたシルクスカーフを生産した。

 それにもかかわらず、イワノヴォ織物の歴史の中で最も興味深い時期は、ソ連が赤い星、飛行機、機関車、さらにはウラジミール・レーニンを装飾に用いて、いわゆる「プロパガンダ織物」を作ったソ連初期だ。

 鎌、ハンマー、小麦の穂は、新しい国家の象徴であり…1920年代の新しい織物の模様となった。このキャリコは、1925年のパリ万国博覧会で金賞を受賞した。

 1920年代半ば、イワノヴォではソビエトにおける特定の仕事に従事する人々の織物を生産した。このショールは、「常に準備ができています!」というモットーのパイオニアを描いている。

 1925年に作られたこの明るいサテンは、農村の機械化を示している。このデザイナーは、収穫のプロセスを果物と野菜と組み合わせました。

 このスポーツシリーズは、1926年のスパルタキアド(ソビエト連邦が後援する国際的なスポーツイベント)のためにグドク出版社の注文により作成された。これは、鉄道労働者組合の旗を掲げた機関車を描いたものだ。

 同じ縁の別タイプのショールには、典型的なスポーティで筋肉質のソビエトの人々が描かれている。

 

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる