モスクワで開催されたJ-Fest Summer 2019の様子を伝える写真

セルゲイ・ヴェヂャシキン撮影/Moskva Agency
 7月20日、21日の両日、モスクワのゴーリキー公園では開催第10回目を数える日本文化フェスティバルJ-Festが開かれた。

 2日間にわたって、公園には日本の音楽が鳴り響き、たこ焼きとたい焼きのにおいが充満し、色とりどりの浴衣やアニメの衣装に身を包んだ多くの訪問客が詰めかけた。毎年行われているこのフェスティバルは、興味深いコンクールやワークショップ、映画上映、ちょっと変わった和物の店が用意され、まさに夏祭りの雰囲気を醸し出し、日本文化を愛する人々を楽しませている。中でも、フェスティバル始まって以来初めて開かれたコスプレパレードは今年のフェスティバルでもっとも印象深いイベントの一つとなった。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる