これらの示唆に富んだ水彩スケッチは世の中のもろさを明らかにする(写真特集)

ジーマ・レブス
 レブス氏は一風変わっているが、その虚ろな眼で世の中の様々な問題に視線を向ける。

 ロシアの画家、ジーマ・レブス(30歳)が描く皮肉なキャラクター、Mr.レブスと出会おう。その虚ろな眼には、Mr.レブスが「アングラ水彩画」と呼ぶ世界のすべてが映っている。

 画家自身が語るに、Mr.レブスは物議を醸しだす空想の世界の管理人のようなものだ。Mr.レブスは他のキャラクター(信号拳銃のように見える)に案内星を与え、それをつかませる。

 Mr.レブスの眼は虚ろである。そして相手役であるエデンは目のくぼみが空虚に描かれている。

 エデンは完全な暗闇の中に住んでいて、その冷たい透き通った眼しか見ることができない。そして蝶の群れが彼を世界に導くのである。

 この水彩画はこの世の多くの問題、荒廃、孤独、矛盾、浪費などに眼を向けている。

 ジーマ・レブスはタタールスタン共和国のナーベレジヌイェ・チェルヌィ市(モスクワの東方1,000キロ)に生まれた。17歳の時にモスクワにやって来て芸術産業大学に入った。

 この水彩画家はイラストレーターとしてナショナルジオグラフィック、Canal+、GQ。エスクワイアや他の多くの雑誌で活躍している。また、ロシアの現代児童文学でも彼の挿絵が使われている。

 現在は、ロシアとアメリカを行ったり来たりの生活をしており、(アートウィン・ギャラリーをベースに)現代芸術のギャラリーで仕事をしたり、展示会を開いたりしている。また、ソーシャルメディアにもスケッチをいくつか投稿している。

 ジーマ・レブスは屋外作品にも挑戦していて、路上でも才能をいかんなく発揮している。 

 これは何百もの石油缶を使った1917年の革命に捧げた作品で、「それでも人生は続く」というタイトルがつけられている。それぞれの石油缶にMr.レブスの顔が描かれ、300もの群衆になっている。

 この作品の意味は、「1年もすると、私の作品は美術館からなくなる。新しい人のためのスペースがいるからだ。この群衆もいなくなる、過去のすべての出来事が結局は消え去るように。革命が起こった。しかし人生はそれでも続いている」とジーマは語る。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる