サイバーパンク・ネオン・ファンタジー :かつて見たことのないモスクワ郊外の景色

Konstantin Vikhrov
 写真家のコンスタンチン・ヴィフロフさんはモスクワ郊外の夜の景色を撮影している。それは映画「ブレードランナー」のシーンを思い起こさせるような画像である。

 ネオンサイン、暗いビル、地元の市場、ドラッグストア、アダルトグッズショップ、そして大きく立ちはだかるモノトーンの高層ビル–これらの景色は大都市に暮らす人々にとって馴染みがあるが、普通は見過ごしてしまうものである。しかしときにこうした風景にインスピレーションを感じる人もいる。

 モスクワ出身のコンスタンチン・ヴィフロフさんはそんな1人。彼が映したモスクワの写真はサイバーパンク映画(たとえばブレードランナーなど)から切り取った写真のようだ。蛍光性のライト、物陰から立ち上がる蒸気、怪しい人影・・・。

 ただ彼の写真に登場するのはエイリアン、そしてハリソン・フォードやライアン・ゴズリングではなく、普通のモスクワっ子である。

 彼は普通、モスクワの辺鄙な場所で撮影する。赤の広場やおしゃれな中心部から離れた場所である。最初、自分の写真をアップロードしていたロシア版フェイスブック「VK(フコンタクチェ)」のパブリックページに「ケバブのための写真」と名付けていたが、その後、リドリー・スコット監督の名作にちなんで「ブーンドック・ランナー」と名前を変えた。

 ヴィフロフさんはモスクワに懐疑的な見方をしているようだ。TJournalからのインタビューに応え、「異常な都市化、古いソヴィエトの建物の隣に、かなり接近して建てられた近代的なビル、あちこちにある市場。中も外もすっかり腐っている。わたしたちに残されているのは、狂人になって、見物人として楽しむことである」と語っている

 同時に彼は疑いなく、ストックホルムシンドロームのような感覚を持っているという。彼の作品にはその感覚がよく現れている。それらはメランコリックな街の気品に溢れているのである。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる