2046年のロシアの風景

 あるアーティストたちは、国の将来について独特のビジョンを持っている。

 MXDアートコミュニティーのクリエーターたちが、仮想現実やドローン、ロボットなどを題材にしつつシュールレアリスムとポップカルチャーを織り交ぜた新しいフォトプロジェクト、“2046年のロシア”を展開している。

 MXDは、日常の風景を平行現実に変える5人のアーティストで構成されている。

 彼らは実存グーグル(Existential Google)プロジェクトでも知られている。

 この作品群では、グーグルの実存主義的な質問のブロックが灰色の陰鬱な風景の中に配置されている。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる