-25度のモスクワで自転車パレード

第2回「冬季モスクワ自転車パレード」

第2回「冬季モスクワ自転車パレード」

=セルゲイ・サヴォシアノフ/タス通信
 1月8日、マイナス25度の寒さの中、500人以上が第2回「冬季モスクワ自転車パレード」に参加した。モスクワ市交通課がタス通信にこれを伝えた。

 モスクワ川河岸を通り、クレムリンまで行き、折り返すコース。酷寒など恐れない元気な500人は、正午ごろゴールした。 

第2回「冬季モスクワ自転車パレード」\nセルゲイ・サヴォシアノフ/タス通信<p>第2回「冬季モスクワ自転車パレード」</p>\n
第2回「冬季モスクワ自転車パレード」\nセルゲイ・サヴォシアノフ/タス通信<p>第2回「冬季モスクワ自転車パレード」</p>\n
セルゲイ・サヴォシアノフ/タス通信
 
1/3
 
 このイベントの目的は、モスクワではどのような気象条件であっても、自転車で安全に移動でき、先進的な自転車用インフラを構築できることを証明すること。

 *タス通信の記事を抄訳

もっと読む:ロシア越冬サバイバル・ガイド>>>

もっと見る:ロシア人の自転車好きを示すアーカイブ写真>>>