作家ゴーゴリの滑稽な警句TOP5

ニコライ・ゴーゴリ=

ニコライ・ゴーゴリ=

Wikimedia.org
 4月1日のエイプリルフールは、ロシアの古典作家ニコライ・ゴーゴリの誕生日。この日、ロシアNOWは、ゴーゴリのよく知られた滑稽な警句を思い出す。

1. ええい、ロシア人ってやつは! どいつもこいつも、まともな死に方をしたがらない!(『死せる魂』)

2. ロシア人には・・・不思議な特性がある。ふところに金が一文はいったら、もうどうでもよくなって、こわいもの知らずだ。(『肖像画』、初期の版から)

3. すごいぞ、大将にでもなれば、すばらしいぞ!(『検察官』)

4. ロシア人には敵がいます。不倶戴天の危険な敵が。それがいなければ、大人物なのですが。その敵というのは怠け癖です。(アクサーコフへの手紙から)

5. 昨日のたたりで、まるで口の中に騎兵が一個中隊泊まったみたいだった。(『死せる魂』)

もっと読む: