トリフォノフがグラミー賞にノミネート

ダニール・トリフォノフ=

ダニール・トリフォノフ=

ロイター通信
 ロシアのピアニストで作曲家のダニール・トリフォノフ(24)が、セルゲイ・ラフマニノフの「変奏曲」の演奏で、グラミー賞最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ部門にノミネートされた。フィラデルフィア管弦楽団を伴ったコンサートが音楽アルバムに収録されている。

 「これは私にとってすでに3度目のノミネート。昨年はCD2枚で同時にノミネートされた」とトリフォノフは話す。

 「CDの制作にはたくさんの労力を費やした。私たちは数時間連続、ほぼ休憩なしで録音したので、創作の結果にこれほどの高い評価をいただいて嬉しく思う。これは真の芸術。CDの演奏を聴き、フィラデルフィア管弦楽団の音に何度も感動した。ラフマニノフがかつて、自分のすべてのコンサートをフィラデルフィア管弦楽団とともに録音し、あちら側にもラフマニノフの音楽への深い理解の文化が残っているのは偶然ではない」とトリフォノフ。

 グラミー賞授賞式は2016年2月15日に行われる。

 

記事全文(露語)

 

もっと読む:「若き才能と出会えたら」>>>