アレクサンドル3世遺体からDNAサンプルを採取

 サンクトペテルブルクのペトロパブロフスク大聖堂にあるロシア皇帝アレクサンドル3世の墓所を、専門家らが掘り起こした。皇帝一家殺害をめぐる刑事捜査の一環で、遺伝学的鑑定用のサンプルを採取するのが目的。

 ロシア捜査委員会の代表者らが、アレクサンドル3世(1845-1894)の遺骸と、その息子ニコライ2世皇帝(1868-1918)のものと推定される遺骸から、比較のため、それぞれDNAサンプルを採取した。

 ニコライ2世は十月革命直後の1918年、家族とともに銃殺された。その「遺骸」は2007年、エカテリンブルク近郊の埋葬地で発見されたが、ロシア正教会はその信憑性に疑義を呈している。2015年10月、キリル総主教は政府に対し、ニコライ2世とアレクサンドル3世の遺骸を比較する遺伝学的調査を行うよう求めた。ロシア正教会の考えでは、鑑定で肯定的な結果が出れば、ニコライ2世とその家族の遺骸がまぎれもなく本人のものであることの、議論の余地なき証明となる。

 

記事全文(露語)