「戦争と平和」の7つの真実

ロシア通信撮影
 作家レフ・トルストイの長編小説「戦争と平和」のオンライン朗読会が12月8~11日、ロシア文学年の一環として行われる。この小説の創作と出版にまつわる興味深い話をロシアNOWが特集する。

 1.「戦争と平和」は1300ページの一般的な形式の書籍。世界文学では最大の小説ではないが、19世紀のヨーロッパ文学と認められた小説の中では有数の大きさを誇る。最初の2版は、4部ではなく、6部にわけられていた。三度目の刊行の用意が整えられた1873年になって、トルストイは各巻の構成を変え、8巻の著作集の半分をこの作品に割り当てたのである。


 2.トルストイは当初、ナポレオン戦争ではなく、シベリアに流刑して30年後に解放された老いたデカブリスト(貴族が1825年12月14日に国家のクーデターと皇帝の退陣を目指した反乱)について執筆するつもりだった。しかしながら、主人公がナポレオン戦争に加わったことを描かなければ、反乱に加わった動機を解明できないと、すぐに悟った。また、国家のクーデターを描写すれば、検閲の問題が起こることも考えずにはいられなかった。こうして、「デカブリストについての中編小説」案は、歴史的長編小説案に変わったのである。


 3.検閲への懸念とソフィヤ・アンドレーエヴナ・トルスタヤ夫人の強い願いから、トルストイは主人公のピエール・ベズウーホフ伯爵と最初の妻エレンの結婚初夜の赤裸々な描写を削除した。ソフィヤ夫人は教会の検閲を通りっこないと、夫を説得した。


 4.「暗い性の原理」を抱えていたエレン・ベズウーホワとは、物語のもっともスキャンダラスな展開が関連している。エレンは花開く若き女性で、ピエールが自由の身になってナターシャ・ロストワと結婚できるよう、1812年に亡くなる。この小説を15歳で読むロシアの児童は、エレンの死を物語の展開のために必要なことだととらえる。そして大人になって、この小説を再び手にする者だけが、トルストイの密かなほのめかしに気づく。エレンは中絶の失敗の影響から亡くなるのだ。

 5.トルストイはロストフ家とボルコンスキィ家について記述する際、ルーシの公の家系に属する自身の先祖の話を織り交ぜていた。

 ニコライ・ロストフ伯爵は、多くの点で、トルストイの父親で1812年祖国戦争の英雄、パブログラード連隊(小説でも同じ連隊名)の中佐のニコライ・トルストイである。マリヤ・ボルコンスカヤはトルストイの母親でヴォルコンスカヤ伯爵令嬢のマリヤ・ニコラエヴナである。結婚の状況もかなり真実に近く、禿げ山はトルストイの領地「ヤースナヤ・ポリャーナ」に似ている。

 だが小説が出版された時に、これに気づけた人は、トルストイに近しい人のみだった。当時はインターネットのウィキペディアもなかったし、トルストイ自身が登場人物の姓ボルコンスキィ、ドルベツコイ、クラーギンが、実在したロシア貴族の姓ヴォルコンスキィ、トルベツコイ、クラーキンをほうふつとさせると言っていた。こうした方が歴史的文脈に登場人物をなじませやすかった。そうすれば、モスクワのフョードル・ロストプチン総督から皇帝ナポレオンおよび皇帝アレクサンドル1世までの、実在した小説の歴史的人物と会話させることを「可能にする」。

 6.この小説の執筆過程で、ソフィヤ夫人は最初から最後までの完全な書き直しを8回以上、個別のエピソードの書き直しを26回まで行っている。小説は1863年から1869年まで、6年かけて書かれた。

 トルストイはこの作業に入る1年前の34歳の時に結婚し、18歳だったソフィヤ夫人は秘書を務めた。そして6年で4人の子ども(13人の子どものうちの最初の4人)を出産している。

 7.「戦争と平和」のフランス語は、真の19世紀の貴族のフランス語で書かれている。フランスの一流スラヴ学者で、ロシア語に堪能なジョルジュ・ニヴァ氏がこれを明らかにした。ただし、この小説の舞台である19世紀初めではなく、書かれた19世紀半ばのフランス語に近いという。