外国人のための露文化研修コンペ

マクシム・ブリノフ撮影/ロシア通信
 外国人のためのロシア文化研修コンペティションが始まった。対象となるのは、ロシアの文化および歴史に関連する創作プロジェクトに取り組む、世界各地の専門家。

 応募受付(ロシア語または英語)は2016年2月1日まで。入賞賞品は、サンクトペテルブルクの博物・美術館、劇場、公文書館、その他の機関での、2016年5月9日から22日までの2週間におよぶ研修。

 「創作的なプロジェクトとは、ロシアに関連する博物・美術館の展覧会、文学、映画、演劇のプロジェクトのことで、幅広い活動家を対象としている」と主催者は説明する。サンクトペテルブルクの研修は、プロジェクトを実現するための重要な準備段階となることが想定されている。2016年3月1日までに発表される入賞者には、特別に個人的な研修プログラムが作成される。

 コンペの主催はD.S.リハチョフ財団およびB.N.エリツィン大統領センター。後援はサンクトペテルブルク市対外関係委員会。

 

コンペの詳細および条件は公式サイトにて