歴史の面影残すロシアの要塞

オレシェク要塞、サンクトペテレブルク=Lori/Legion Media撮影

オレシェク要塞、サンクトペテレブルク=Lori/Legion Media撮影

ロシア人はその要塞固めで昔から知られていた。山という自然な防護柵のないロシア平野が、そこに住む人々に敵から身を守るための高い壁を建てさせた。ゴロドというロシア語の単語は、市、街、都市を意味する。だが昔は「柵で囲まれた区域」を意味していた。

 ロシアの街は、ヨーロッパの一部国家のような家の集合体ではなく、必ず要塞がある。中世のスカンジナビアの探検家たちは、ルーシの要塞都市の多さに驚き、ルーシを「ガルダリキ」すなわち「要塞の国」と呼んだ。

 ルーシにモンゴルが襲来する13世紀まで、400ヶ所以上のクレムリンが建設されていた。スラヴ語の「堅牢な」という言葉からきているクレムリンを、ロシア人は要塞の名称とした。クレムリンの多くで、土塁に木製の壁が建てられていた。壁の幅は6メートルに達することもあり、そのような場所には数十人の射手が軽々入れた。木造の塔には投てき機が、要塞の周囲には堀があり、堀の底には鋭い杭が打たれていた。キエフやウラジーミルなどの大きな都市には、石造りの門と門上教会があった。象徴以外にも、追加的な望楼として、軍事的な役割を果たしていた。

 

モンゴル襲来を機に木造から石造に


プスコフ・クレムリン=Lori/Legion Media撮影

 石造りの壁は重要度の高い要塞。9世紀、ひんぱんに攻撃を受けていた北西部の街、イズボルスクやスタラヤ・ラドガにめぐらされた。ルーシではプスコフ・クレムリンに初めて、巨石を基礎とした石造りの壁が建てられていたものの、ほとんどのクレムリンが木造で、13世紀のモンゴル人襲来で完全に破壊された。簡単に焼けてしまう確固たる基礎のない木造の壁が、新たな侵入者を止めることができなかったため、14世紀には石造りが主流となった。その筆頭となったのが、1360年代に建設された白石造りのモスクワ・クレムリン。

 建設は国家の一大行事であり、ルーシ中の石工が集められた。モスクワ郊外には特別な白石の採石場も設けられた。高さ最大6メートルの壁は、当時としては広大な10ヘクタールを囲み、内部には、公の居城、大聖堂、平民の家、工房、倉庫など、街が丸ごと収まった。門は6ヶ所、クレムリンの周囲を管理する塔は10ヶ所あった。1塔の基礎部では井戸が掘られ、長期封鎖された場合に水が供給できるようになっていた。

 侵略者はその壁の強さを建設の1年後にはすでに実感していた。1370年、リトアニア大公オルゲルトの軍が8日間にわたって猛攻をしかけたが、大きな損失を出して撤退した。1382年にはクレムリンにタタールが迫った。この時までに、壁には当時めずらしかった大砲が装備されていた。タタールはクレムリンを包囲できず、撤退しかけたが、住人を言いくるめて門を開けさせることに成功。クレムリンは陥落し、焼き尽くされた。だがこの数年後、クレムリンは完全に再建された。

 

露伊共同プロジェクトのクレムリン


モスクワのクレムリン=Lori/Legion Media撮影

 1485年、モスクワ大公イヴァン3世の命令で、白石造りの壁のあった場所に、赤レンガの壁を建てる作業が始まった。建設を指揮したのはヨーロッパ最高の軍事建築家であるイタリア人。当時ヨーロッパの建築家がこぞって活用していた建築受容を実現した。壁上部のツバメの尾の形をしたマーロンは、ベネチアのドゥカーレ宮殿の建築要素と同じである。突起のある塔や壁は、ベローナのスカリジェロ城やミラノのスフォルツェスコ城をほうふつとさせる。クレムリンの領域は拡大し、塔の数は20まで増えた。ロシア公の要塞は当時のヨーロッパ最大であった。

 モスクワ・クレムリンと同時に石造りの要塞が築かれたのは、しばしば危険にさらされていた南東部と北西部。トゥーラ、コロムナ、ニジニ・ノヴゴロドのクレムリンは、タタールの襲来から国の中心を守った。オレシェク要塞とイヴァンゴロド要塞は、スウェーデン人、デンマーク人、ドイツ人の道の越えられない障害物となった。16世紀中、要塞建設が止まなかった。モスクワのクレムリンの外には、追加的な石造りの防衛帯2本、土塁の防衛帯1本があらわれた。

イヴァンゴロド要塞=Lori/Legion Media撮影

 16世紀はロシアの軍事建設の黄金時代であった。17世紀になると大砲が発展し、軍事建築物は過去のものとなっていった。大きなクレムリンの代わりに建設されたのは、小さな要塞が連なる「逆茂木線」。18世紀、要塞の壁は半月堡や稜堡に完全に置き換わった。

 ロシア西部に残る大きな要塞は、昔の偉大なる戦いを現代に伝えてくれる。コロムナ・クレムリンは2013年、ロシアのシンボルと認められた。