季節非限定のチェリーケーキ

Lori / Legion Media 撮影

Lori / Legion Media 撮影

「修道院の小屋」ケーキの伝統的なレシピは、新鮮なチェリーを使えば夏の御馳走になる。

新鮮なチェリーを使わない手はない 

 モスクワの夏が1年の中でも素敵な季節である理由は数多くあるが、中でも重要なのは、それが新鮮な果物とベリーが豊富な時期であるということだ。

 最近、地元の市場に新鮮なチェリーが見受けられるようになったため、以前缶詰のチェリーを使って冬にしか作ったことがなく、そのため冬の食べ物として連想していたケーキを作ることを考えついた。しかし次に、新鮮なチェリーを使ったケーキなら、夏のデザートになるではないかと考えた。アイスクリームを付け合わせればとても美味しいし、オープンエアのバルコニーで夕方や明け方にシャンパンを一杯飲みながら食べる素敵なご馳走にもなる。

 

ルーツはウクライナ? 

 私がこのレシピのことを初めて耳にしたのは、ウクライナで生まれ育った友人からだった。彼女はおばあちゃんがそれを作ってくれたと言っていた。私の祖母はそれを耳にしたことがなかったし、私のほとんどのモスクワの友人も聞いたことがなかった。ということは、私たちロシア人が頻繁に作り、ほとんど自分の国のものであるかのように考えている多数の優れた料理がそうであるように、これは実はウクライナのレシピなのかもしれない。

 私はこのレシピが大好きになり、たくさん使うようになったので、これを教えてくれた友人と彼女のおばあちゃんに心から感謝している。

 

ちょっと手抜きしてもだいじょうぶ 

 私は一度、オーストラリア人の友人たちの家で開かれたクリスマスパーティーのためにそれを作ってみた。次の年もそれを作ってきてくれと彼らに頼まれたので、あのケーキを喜んでもらえたに違いない。車から降りて氷の張った滑りやすい道をケーキを手に歩きながら、転んでケーキを落としてしまうのではないかと大変心配したことを覚えている。転んで骨を折る可能性が頭をよぎることさえなかった。ケーキを落として台無しにした場合の方が、本当の悲劇になっていただろう。

 

 ケーキはとてもきれいな見栄えだ。何というか、雪のかかった小屋の上にチョコレートがのっている感じだ。「修道院の小屋」ケーキという伝統的な名前の由来にはこのような理由がある。しかしその味は見た目よりもずっと優れている。新鮮なチェリーが入手できた場合にあなたにその種抜きをする意欲があるかどうか、それとも缶詰を使うことにするかは別として(ちょっとぐらい料理の手抜きをしてもよかろう!)、このケーキはきっと人気を博すだろう。ちなみに低脂肪のサワークリームを使ってもいいし、アイスクリームだけでもいいのだ!

作り方: 

 

生地:

 

バターかマーガリン、9オンス(250グラム)

砂糖、1カップ

サワークリーム、1カップ(200グラム)

小麦粉、4カップ

重曹、小さじ半

 

具: 

新鮮なチェリー、解凍したチェリー、またはチェリージャムから取り出したチェリー、450~680グラム

 

クリーム: 

サワークリームまたはクリーム、3カップ

粉砂糖(最高1カップ)

 

飾り: 

チョコレートチップかココアパウダー

  1. バターを溶かし、大きなボウルに注ぐ。砂糖、重曹とサワークリーム1カップを加える。よくまぜる。
  2. 小麦粉を加え、手で生地をこねる。生地は柔らかくなければならないが、指にくっつかないようでなければならない。必要に応じて小麦粉を適度に足す。
  3. 30分間生地を冷やす。
  4. 冷蔵庫から生地を取り出し、10等分に切り分けてボール状にする。ボールを1つ取り、細長い片になるように生地をローラーで延ばす。細片の中央にチェリーを1つずつ入れ、生地を密封する。同じ手順を残りの生地でも繰り返す。すべてのチェリーのロールの長さが等しくなるようにすることが重要だ。
  5. オーブンを予熱する。ベーキングシートに10個のチェリーロールを置き、20分間か、あるいはロールがキツネ色になるまで200℃(390F)で焼く。チェリーロールを完全に冷ます。
  6. サワークリームと砂糖を混ぜて、砂糖が溶けるまでホイップする。
  7. 4つのチェリーロールを大皿に横に並べる。クリームをいくらか注ぐ。次に、1段目のロール間の隙間を覆うように、3つのチェリーロールをその上にのせる。2段目の層をクリームで覆う。2段目の上に2つのチェリーロールをさらにのせ、クリームをいくらか注ぎ、最後に残されたチェリーロール1個を使ってから4段目を形成する。クリームの残りの部分と全体の構造を残されたクリームで覆い、チェリー、ココアパウダーやチョコレートチップで飾る。
  8. すぐに食卓に出すか、2時間程度冷蔵庫にケーキを置いておく。この場合、ロールが柔らかくなり、ケーキが切りやすくなる。