ロシア文化フェスティバルが東京で開幕

セルゲイ・ナルイシキン・ロシア連邦下院(国家会議)議長=コンスタンチン・ザヴラージン撮影/ロシア新聞

セルゲイ・ナルイシキン・ロシア連邦下院(国家会議)議長=コンスタンチン・ザヴラージン撮影/ロシア新聞

セルゲイ・ナルイシキン・ロシア連邦下院(国家会議)議長が、ロシア文化フェスティバル2014の開幕を宣言した。ナルイシキン議長は、今日6月2日に東京に到着した。

プーチン大統領が挨拶寄せる 

  「ロシア文化フェスティバル2014の開幕により、露日両国民の相互理解と文化交流の発展に向け、我々はまた一歩前進します」

 日本組織委員会の長塚英雄事務局長には、友好勲章を授与した。

 ナルイシキン下院議長はこう述べた後、ロシア文化フェスティバル2014の組織・運営に貢献した人すべてに謝意を表すとともに、「両国および両国民間の信頼と友好の特別な雰囲気」を指摘した。「今とくに良い雰囲気が強く感じられます」とナルイシキン議長は付け加えた。

 また同議長は、プーチン大統領からの挨拶を読み上げた。そのなかでプーチン大統領は、「今年のロシア文化フェスティバルの特徴は、若いアーティストも参加していることです」と指摘している。「このように大規模で、興味深く、真に美しいプロジェクトが、露日間の文化、学術交流の発展において重要な役割を果たし、両国民間の相互理解と信頼の強化を促すと確信しています。来賓の方々および参加者の皆様が、忘れがたい鮮やかな印象を受けられよう祈念いたします」。プーチン大統領は挨拶をこう結んでいる。

 

今年のロシア文化フェスティバルの特徴 

 ロシア文化フェスティバルIN JAPAN日本組織委員会事務局長の長塚英雄氏がロシア通信に伝えたところによると、今年で9回目になるこのフェスティバルは、今年は、全国47の都道府県の100市町村で開催される。

 また、その一環として初めて「ヤング・ジェネレーション・フェスティバル」が行われ、ロシア文化省後援の「全ロシア音楽祭」の入賞者たちが参加する。このほか、サンクトペテルブルクから初めて、ヴャチェスラフ・ポルニンの「雪のショー」がやって来る。

 今年のロシア文化フェスティバルは約150万人の来場を見込んでいる。東京と新潟の2カ所で、それぞれ6月2日と6月21日に、開会セレモニーが行われる。

 東京での開幕セレモニーの前日には、フェスティバルの一環として、明治期の写真展が「明治の風景とそこにいた人々」6月1日~6月10日がオープンしている。写真は、パーヴェル・ホロシロフ・ロシア連邦下院(国家会議)議長顧問のコレクションから出品された。

 また、浜離宮の朝日ホールでは、ロシアのアニメ「マーシャと熊」と「チェブラーシカ」の上映が行われた。

 

*以下の記事を参照。

ロシア通信 

・タス通信