ロシア人の21の事実

Lori/Legion Media撮影

Lori/Legion Media撮影

1. ロシアの典型的な台所は2メートル x 3メートル。ロシア人にとって台所は聖なる場所。

 タバコの煙が充満した小さな空間で、くつろいで会話しながら、濃い紅茶に手を伸ばす。私の人生で最高それゆえにもっとも記憶に残る友人との交流は、まさにこの形で行われた。

2. 仕事について話さない。

 他に話すことはたくさんあるはず。

3. 頭の中が深遠。

 会話を覚えたばかりの子どもでも、人生の目標について心配し始める。私の知り合いのお母さんは、フェイスブックにこう書いた。「私のまだ小さな息子が、テ レビでミスター・ビーンを見て泣いている。コミカルな人じゃなくて、悲しげで、孤独な、不幸せな人に見えるらしい・・・」。他にも例をあげたら枚挙にいと まがない。ロシア人は大人になると、深遠さが一層増すため、多くの外国人にとって、さらに不可解になる。

4. フェミニズム、レイシズム、ホモセクシャリズムを恐らく一生理解できない。

 ロシアの歴史と文化は、他の国のそれとはまったく異なるため。ロシア人は愚かで、物わかりが悪いと世界で言われるのも、このためだ。そしてどのように批判されても、自分の姿勢を変えようとはしない。

5. ロシアに移住したがる外国人を理解できない。

 説明されてもやっぱり理解できない。

6. かなり感傷的。

 ロシア人はどうでもいいくだらないことを何年も覚えているのが好きだ。後でそれを掘り起こしては、泣くため。

7. 笑顔をふりまかない。

 そのため、ロシア人が誰かに微笑んでいる時は、心からの微笑みである。

8. 患者が吹きっさらしの場所にいると医師は怒る。

 だが医師自らそのような場所に行き、タバコを吸っている。

9. 医師の元に医療相談に訪れる人がいると、医師はとても驚く。

 ロシア人の多くは、健康状態が明らかに悪くなってから受診するため。

10. 外国の甘い物と比べて、ロシアの甘いお菓子はそれほど甘くない。

 だが紅茶を飲む時は、たっぷり砂糖を入れるのが大好き。

11. ロシア人が送るメールの丸括弧の数は、気分の良し悪しのレベルで変わる。

 例えば、お誕生日おめでとう!)または、お誕生日おめでとう!)))今職場にいる)))、今職場にいる(((。以前はこれが世界の常識だと思っていたが、ロシアだけらしい。

12. かなり気前がいい。

 どこかに行くときは、すべての知り合いや同僚に必ずお土産を持っていく。バーに行くと、友人におごる。どこかの家やオフィスを訪ねた時、ロシア人に「これ いいね」などと何かを気に入ったそぶりを見せると、けっこう大変なことになる。ロシア人は客人がほめた絵画を壁からはずして、そのまま客人にプレゼントす る。

13. 寿司が大好き。

 ロシアでは、ロシア料理のブリヌィ(クレープ)やペリメニ(水餃子)よりも、寿司の方が簡単に見つかる。

14. 果てしなく感情的。

 ケンカをすると食器が宙を舞い、泣く時はおいおいと泣く。嫉妬も激しい。ロシア人は情熱ではイタリア人に負けない。

15. お祝いごとや陽気なお祭りごとが大好き。

 結婚式は3日間、新年とクリスマスは12月31日から1月14日まで、誕生日は1週間以上祝い続ける。

16. 年老いた両親を老人ホームに入れず、18歳の子どもを家から追いださない。

 ワンルームのマンションで、皆で肩を寄せ合って暮らすことを好む。狭いが退屈しない。

17. とても友好的。

 誰かと仲良くなると(このプロセスにはだいたい1週間かかる)、すぐに自分の家に招いて、自分の家族に紹介する。

18. お金を使うのが好き。

 ロシア人にとって、価格の高い物は美しい物である。だからといって特典やプレゼントを拒むことはない。

19. けっこう迷信深い。

 いまだに多くの人がドモヴォイ(家の精)を信じているし、夜にゴミをださないし、木のテーブルを3回コツコツコツとたたいて、左肩ごしに唾を飛ばすフリをする。

20. 熱い砂浜と真っ青な海が、ロシア人にとって最高の休暇。

 そのためロシア人は、トルコ、エジプト、タイ、ドミニカ共和国の、地球上でお気に入りの4ヶ国に入り浸り。

21. 地球上のおかしなできことの半分はロシアで起きている。

 インターネットでショックを受けるような動画を見て、「一体どこで撮影されたものだろう?」と疑問を感じたら、高い確率で、それはロシアだ。