V-ROXアーティストがポッドキャスト配信

日本のミュージシャン「エムファッカ(Emufucka)」 写真提供:V-Rox公式サイト

日本のミュージシャン「エムファッカ(Emufucka)」 写真提供:V-Rox公式サイト

国際音楽祭「ウラジオストク・ロックス(V-ROX)」が今月22~25日、ロシア沿海地方ウラジオストク市で開催される。この電子舞台に、日本のミュージシャン「エムファッカ(Emufucka)」が、一足先に登場。30分間のミックスは、トラップ、ダーティーサウス、クランクなどの愛好家を魅了する。

 エムファッカとはどのようなミュージシャンなのだろうか。大きな眼鏡をかけた内気な青年は、芸名の影に隠れてしまっている。だがサブマース、クアルタ330、ココ・ブライス、マイ・ドライ・ウェット・メス、ジェンバ・ジェンバ、カウント・ベースDなどとすでに活動し、シングル5枚やミックステープを発表している。日本や西側のメディアがたくさんの記事を書いており、見事にそれに応えている。この音楽の根本は当然ながらヒップホップだが、内なる力やスペースは、数十ジャンルに当てはまるだろう。どれでもいいからエムファッカのミックスを聴けば、なぜ魔術師と呼ばれるかがわかるだろう。

 

エムファッカの公演は824 

 エムファッカの公演は8月24日に、ウラジオストク市の「レッド・ブル・ミュージック・アカデミー(Red Bull Music Academy)」(ストリートバー)で行われる。同じ舞台では、モスクワの知的電子音楽のグル「ザ(DZA)」や「ムジュース(Mujuice)」や、ウクライナの「クラコスタス(Kulakostas)」も演奏を行う。

 

エムファッカのポッドキャスト