『廃墟のテクスト:亡命詩人ヨシフ・ブロツキイと現代』

RBTH

 

 刊行:2013年3月
 竹内恵子 著
 成文社
 
 ヨシフ・ブロツキいう名前を聞いて、あぁ,あの人と思う日本人がどれだけいるだろうか。ブロツキ詩人で、ノーベル文学賞を受賞したのロシア人の一人
 独ソ戦の傷跡も生々しいレニングラード(現サンクトテルブルで生まれ育ち、徒食者として流刑に処せられるなどソ連政府から迫害を受けながらも、独自の作風を築きあげた。32でアメリカにわたり、55で没するまでロシア語と見事な英語で著述活動をした。
 本書は、現代ロシア詩の巨匠ブロツ多角的に論じた本で初めての本格的な研究書である。
 ロシア語の超絶的な韻律技法と深遠な思想に踏みながら、その作品の全体像をわかりやすい日本語で描出している。度な分析豊かな言語表現提示しているところ本書である
+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!