ロシアで最後の死刑執行

アレクサンドル2世の殺人者死刑

アレクサンドル2世の殺人者死刑

1996年の今日、8月2日に、現時点でロシアで最後の死刑が執行された。

 これに先立って、1996年5月16日に、ボリス・エリツィン大統領(当時)により大統領令第724号「ロシアの欧州評議会加盟にともなう、死刑執行の段階的縮小について」が公布されていた。

 ロシアは同年2月に欧州評議会に加盟していた。

 欧州評議会規定の第1条 (a) には、「欧州評議会の目標は、共通の財産であり、かつ経済的、社会的進歩をもたらす理念と原則を守り実現する目的のために、加盟国間でのより強固な統合を達成することである」とうたわれている。

 したがって、加盟資格は、基本的人権、自由、法の支配などの「理念と原則」を受け入れることになるわけだ。

 

廃止ではなくモラトリアム 

 しかし、ロシアの場合、死刑を廃止したわけではなく、モラトリアム(一時停止)である。刑法第59条にも、死刑の規定はある。

 

刑法第59条:死刑 

  1. 死刑は、例外的な措置であり、生命を侵す(*殺人、未遂の両方を含む)重犯罪に対してのみ適用されうる。
  2. 死刑は、女性に対しては適用されない。また、犯罪時の年齢が18歳以下の者、および判決が出た時点で65歳に達していた男性に対しても適用されない。
  3. 死刑は、恩赦により、終身禁固または禁固25年に代えられる可能性がある」。

 

 このように、ロシアでは、死刑の適用が、性別と年齢で制限されているのが特徴だ。

 現時点では、ロシアでの死刑は、1996年8月2日に、未成年者11人を殺したセルゲイ・ゴロフキン(執行時36才)に対して執行されたのが最後