知られざるクレムリンの衛兵

=ロシースカヤ・ガゼタ撮影

=ロシースカヤ・ガゼタ撮影

クレムリン連隊(大統領連隊)は、大統領やクレムリンの警護にあたる、究極のエリート部隊だ。同時にロシアの象徴でもある。赤の広場のレーニン廟や、アレクサンドル庭園の無名戦士の墓(永遠の炎)のわきに立つりりしい姿は、そこを訪れる多くの外国人の観光名物になっている。そして国賓を迎える際の儀仗兵(ぎじょうへい)でもある。特別な職務であるため、約半年の長い期間をかけて候補者の厳しい審査、選定を行い、毎年4月1日と10月1日までに新クレムリン連隊の名簿を完成する。

 今年の春夏期には、ボルガ川流域、ウラル地方、西シベリアから185人の青年が加わることになっている。首都圏の応召兵がクレムリン連隊に入ることもあるが、兵舎であるクレムリンの美しい武器庫で生活しているのは、ロシアの僻地から来る兵士ばかりだ。この武器庫は伝統的に、田舎の青年たちの第二の家となっている。

 

田舎の好青年? 

 モスクワの青年がクレムリン連隊に入るのは、極めてまれなパターンだ。家が近いと、まじめに衛兵の義務を果たさなくなると警戒しているようである。タタルスタン共和国、アルタイ地方、クラスノヤルスク地方、ノボシビルスク州、チェリャビンスク州、ケメロボ州、オムスク州、トムスク州などの青年なら、家までの距離が非常に遠いため、確かに家に帰る誘惑にはかられないだろう。

オーディオスライドショー:

クレムリン連隊(大統領連隊)

 とはいえ、地理的条件が主要な選定基準となっているわけではない。国の中枢を警護するため、一兵卒の選定でも厳しい基準が設けられている。ここに入るのは、スペツナズ(ロシアの特殊部隊)に入るよりもはるかに難しい。例えば候補者の家族は完全構成で、幸福でなければならない。そして候補者が前科など、警察の捜査対象になっていないこと、麻薬をしていないことも絶対条件だ。また精神神経症にかかったことがないことも条件となっている。同時に重視されるのは、候補者の親戚が外国にいないこと、犯罪歴がないことだ。大統領連隊というぐらいだから、これぐらいの特別条件は仕方のないことだろう。

 

健康と容姿も 

 さらに特徴的なのは、健康と容姿の条件も厳しいことだ。身長は175~190センチメートルで、身長と体重の相関関係が標準的であること、視力は矯正なしで0.7ディオプトリ以上、色盲ではないこと。聴力検査では、6メートル離れた場所でひそひそ話を聴きとれることが条件で、1単語でも聴こえなければ入ることはできない。アルコール好きや、最近若者の間で流行している入れ墨の入っている人も不合格だ。

 クレムリン連隊には、スラブ系の容姿(金髪、青い目、白い肌など)の人間しか採用しないという話が知られているが、それは正しくないということが判明した。それでも、クレムリン連隊の容姿の特徴を人々はしっかりと感じている。仮にこのような容姿が条件だったとしても、最優先条件ではないということだ。