セルゲイ·ラフマニノフ作曲家

編集者 - ウラジミル・スタヘエフ、ロシア通信/Vostok Photo撮影、音楽 - セルゲイ·ラフマニノフ

 セルゲイ·ヴァシリエヴィッチ・ラフマニノフはロシアの作曲家、ピアニスト、そして指揮者であった。ラフマニノフは当時、最高のピアニストのうちの一人として広く知られ、作曲家としては、ロシアのクラシック音楽におけるロマン主義の最後の偉大な代表者の一人として有名である。

 初期にチャイコフスキー、リムスキー=コルサコフ、および他のロシアの作曲家から受けた影響はやがて顕著な叙情、表現力豊かな幅広さ、構造の工夫、そして豊かな、独特のオーケストラの色彩パレットを含む、独特な傾向に変わった。ピアノはラフマニノフの作品のなかでも、顕著である。彼は自信の演奏家としての技術を利用して、楽器の表現の可能性の全てを探求するのに焦点を置いた。彼の初期の作品でも、ピアノ作曲を確実に把握していた事と、メロディーをつくることにおけるユニークな才能を示した。