寄港記念エッセー

写真提供:園田寛志郎

写真提供:園田寛志郎

ロシアNOWサイト(roshianow.jp)はセドフ号の長崎寄港を記念して読者からエッセー、写真を募集した。テーマは「ロシアっぽい写真」のほかに「なぜロシアに興味があるか」。編集部の選考の結果、日本人とロシア人の性格には共通性があることについてつづった園田寛志郎さんが1位に選ばれた。

 ロシア人と日本人の精神構造は、かなり似通っているのではないかと思っている。
 見た目は西洋人だが、この極東で国境を接している小国日本と、地球3分の1周にもまたがる広大なロシアの、それぞれの国民がなぜ精神構造が似通っているのか、実に不思議な感じがしている。
 興味深いのは「控えめな性格」だ。アメリカ人の「パーティー好き」な性格を鑑みると、その対岸にいるロシア、日本の両国の国民性が、実は同じ側にいることが分かる。奥ゆかしく、時に抑圧的な歴史を背景に持ちながら、西洋にもなりきれないロシアと、極東アジアを代表していそうだが、アジア諸国の中で少し浮いているような日本の、それぞれの国民性が「控えめ」な点で似ていることに、両国がより近づけるヒントがあるような気がする。
 20世紀以降、両国は数奇な運命で対峙(たいじ)しているが「仲が悪い、性格が似た兄弟」を仲直りさせる手だてはないものか? 
愉快なアネクドートで、我々の不幸な歴史を笑い飛ばせる日が、来ることを待ち望んでいる。