甦る『ゴンドラの唄』

 刊行:2012年11
 相沢直樹 著
 新曜社
 
 「ゴンドラの唄」って、「命短し恋せよ乙女」というあれ?けれど、背景はベネチアのはずで、シアとどういう関係があるの?といぶかる向きもあろう。
 とはいえ、正ロマン華やかなりし頃、ロシアの文豪ツルゲーネフの小説を劇の旗手村抱月が舞台化した『その前夜』の劇中歌だった。やがて黒澤の『生きる』で主題歌になったことからもわかるとおり、この歌謡は日本の大衆に愛されてきた。セーラームーンはじめアニメ、コミック、CMでいまなお残響が鳴りやまない。
 
本書は比較文化の研究手法を駆使して、「ゴンドラの唄」の成立事情、受容史に迫り、大衆レベルでの日欧文化交流の足跡をたどる。オタクの王道をも極めた惑の書、だまされたと思って手にお取りあれ。