正月料理の定番

Press Photo撮影

Press Photo撮影

焼いたガチョウ

焼いたガチョウは、当初は誕祭(クリスマス)のメディッシュだったが、後に月料理となった。付け合せには、リンゴを添えてャガイモを出すことが多い。

材料

ガチョウ 1羽(3.5~4キロ)
塩、コショウ(好みで)
リンゴ(硬くて酸っぱい品種)

作り方

1. 鳥の内臓をき、冷水で洗い、ナプキンで水気をとる。脚、腹、胸の皮にフォークで穴を開ける。手羽はりとったほうが良い。から塩コショウすり込む。

2. 中に詰めるリンゴは四つ切りにし、種の部分をとる。

 3. リンゴを詰める。ただし、あまりぎっしりとではなく。

 4. 腹を太い糸で縫い合わせる。を上にしてくらいの深さに熱湯を注ぎ、250度15~20分焼いた後、180度に落として1.5~2時間かけて焼

 5. 焼き上がる20分前にチョウの周りに、二つ切りにしたリンゴを並べる。

6. 出来上がりを調べるには、一番肉の厚い背中の部分にナイフを突き刺す。肉汁が透明ならOKだ。

アドバイス焼く前にレモン汁を皮に塗るとリッと焼き上がり欲をそそる。