ESPO-2パイプライン試運転開始

プーチン大統領は「東シベリア-太平洋パイプライン-2(ESPO-2)」の開通式典にTVブリッジを通じて参加し「パイプラインの第二段階の試運転開始により、ロシア極東地域のインフラ整備の可能性を本質的に拡大できるだろう」と指摘した。

大統領は「パイプライン・システムが太平洋岸(日本海沿岸)に出口を持つことになる今回の第二期工事完了は、ロシア経済全体にとって重大な意義を持つ出来事だ」と述べ、さらに次のように続けた―

 「今年ロシアから、日本や米国、韓国、シンガポール、台湾のパートナー達が石油を買った。国際市場に『東シベリア-太平洋』と呼ばれる新たな銘柄が出現したのだ。

工事の第二段階が終了した事で、可能性が拡大する。年3千万から4千5百万トンの原油を、今後送る事ができるようになる。」

なお東シベリア-太平洋石油パイプラインを通じて、ロシアは、アジア太平洋諸国ばかりでなく国内市場にも石油を供給する。

 

(「ロシアの声」より転載)