ロシアの石油都市:ハンティ・マンシースク

=リカルド・マルキナ撮影

ハンティ・マンシースク市は1930年に創立された西シベリアにある石油ブームの町である。

今日のハンティ・マンシースクは外国からの投資をかなり受け、近年とても繁栄している。その人口は着実に伸び、1989年の35,000人から2010年には80,000人に達した。

航空会社のUTエアーはハンティ・マンシースクに本社を構えている。市はまた、KHLのホッケークラブのユグラの本拠地でもある。さらに、世界的に重要性の高いスキーとアルペンスキーの中心地でもある。

2007年には、英国の建築家ノーマン·フォスターは、街の魅力的な部分に高さ280メートルの超高層ビルを建設する契約を締結した。このほか、オランダの建築家エリック・ヴァン・エゲラアトは、町の中心部にビジネスコンプレックスの建設を計画している。