ウラル地域の宝:エカテリンブルク

=リカルド・マルキナ撮影

エカテリンブルク市は1723年に設立され、ピョートル大帝の妻エカテリーナI世にちなんで名付けられた。

1924年から1991年の間に、市は共産党指導者ヤコフ・スヴェルドゥロフにちなんでスベルドロフスクに改名された。1930年代、エカテリンブルクは、重工業の中心地としてソ連政府によって開発された。

第二次世界大戦中、多くの技術的な機関や工場は丸ごとエカテリンブルクに移転された。今日エカテリンブルクには135万人のが住んでいる。1990年代に減少した人口は、21世紀にゆっくりと成長し始めた。最近は商業経済が改善し、エカテリンブルク·シティのようなビジネスセンターが計画されている。

1680年、ニージュナヤ・シニャトゥチナ村はエカテリンブルクの近くに設立された。1823年、スパソ=プレオブラジェンスキー大聖堂は、ここに造られた。150年間でこの大聖堂は、伝統的なロシアの建築博物館の中心ともなった。

地元の職人、フリスティナ・チュプラコヴァ作の多くの人形や置物が博物館に展示されている。

素晴らしいコレクションは、過去2世紀の間、どのようにしウラルの人が生活していたかを表している。

劇場で有名なエカテリンブルクは、いくつかのとても人気の高い劇団の本拠地でもある。エカテリンブルクは、ニュードラマという現代ロシアの劇作家の動きの中心地である。

皇帝ニコライ二世と親族がロシア内戦中に射殺された場所に全聖人教会が建てられてた。